2011年09月26日 09時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティベンダーが語るモバイル戦略:エフセキュア編Android端末のリスク対策は段階的導入が現実的

スマートフォンのセキュリティリスクで例に挙げられることの多いAndroid。リスクを理解し整理することで、企業ユースに適した端末導入を実現できる。Androidのリスクと対策について、エフセキュアに現状を聞く。

[谷崎朋子]

OSと端末に依存したどうにもならないリスク

 2010年末以降、Android端末市場は携帯端末ベンダー各社による新機種投入によって一気に拡大した。

 調査会社IDC Japanの2011年3月付プレスリリースによると、2010年第4四半期におけるAndroid端末の国内出荷実績は150万台以上を記録したという。

 小型化、高デザイン性、多彩なカラーバリエーション、防水性を含む付加価値など、携帯電話(非スマートフォン)の選定要素を積極的に取り込んできた新Android端末は、幅広い層の興味を引いた。調査会社コムスコア・ジャパンが2011年6月に発表した調査結果によると、2010年9月の国内のAndroid端末ユーザー総数は84万1000人だったが、2010年12月には217万4000人に、2011年3月には460万1000人まで急増した。2011年3月時点のiOSユーザー数390万6000人を追い抜く勢いで、確実にシェアを伸ばしている。Android端末が私物または会社支給の端末として企業システムに入り込んでくるのは、時間の問題といってよいだろう。

 その一方で、Android端末はiOS端末と比べてリスク要素が多い。だからといって、全面使用禁止も現実的ではない。クラウド経由でのデータ共有や連携など、利便性を知ったユーザーから端末を取り上げるのは(私物であればなおさら)困難だ。それに、生産性や市場機敏性の向上など、ビジネス上のメリットをつぶすのももったいない。危ないからと排除するのではなく、リスクを正しく理解し、最適なポリシーで制御する方が進化に期待できる。

 では、Android端末にはどのようなリスクがあるのだろうか。リスクは大きく2つに分けられる。1つは、OSや端末依存の問題。もう1つは個人使用がメインであるが故の落とし穴だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

出版取次大手の日本出版販売が腐女子のポータルサイトと連携、書店への来店促進にARアプリを活用
日本出版販売は、ボーイズラブコミック専門ガイドブック「B+LIBRARY vol.3」にARアプリ「...

news077.jpg

月額9900円、Twitter広告の新たなメニュー「オートプロモート」の特徴を5つのポイントで解説
Twitter Japanは、月額9900円で毎日10ツイートとプロフィールを広告化できる「オートプロ...

news057.jpg

DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマー...