2011年10月21日 18時30分 UPDATE
特集/連載

仮想デスクトップは現実的?Windows 8の仮想化を不安視するIT担当者たち

Windows 8 Developer Previewの公開から約1カ月。Windows 8のテストを進めているIT担当者たちは、仮想デスクトップでのWindows 8提供に懸念を持ち始めている。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 サーバホステッド仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)を利用してWindowsを提供するIT担当者たちは、Windows 8に採用された「Metroスタイル」のOSやアプリケーションに求められるインフラストラクチャとクライアントハードウェア要件について、幾つかの懸念を持っている。

 それとは対照的に、デスクトップ仮想化ベンダー各社の間では、Windows 8がユーザーエクスペリエンスと仮想デスクトップの普及にポジティブなインパクトをもたらすだろうと期待する声が大きい。タッチ端末のサポートとMetroスタイルのユーザーインタフェース(UI)およびアプリケーションは、Windows 8デスクトップのユーザーエクスペリエンスを大きく向上させる。

 すばらしいニュースだ。

コラム:Windows 8デスクトップ

 Windows 8はMetroスタイルのタッチパネルやユーザーインタフェースなど、同社のモバイルOS「Windows Phone」の影響を強く受けている。

 Windows 8はWindows 7より機能が豊富だが、必要とするコンピュータリソースは少ない。Windows 7 Service Pack(SP) 1は32のプロセスを実行中、400Mバイト以上のメモリを使う。Microsoftによると、Windows 8は起動時、29のプロセスを実行するが、メモリを281Mバイトしか利用せず、ビジネスアプリケーションやデータにより多くのフリースペースを残すという。もちろん、Windows 7のリソース消費が増大していったように、その値はアップデートによって増加していく可能性はある。

 Windows 8対応PCはまだ登場しておらず、デバイス群も開発中だ。長寿命バッテリー、ハイエンドグラフィックスサポート、そしてタッチ対応は、最優先課題となっている。Windows 8はSLAT対応ARM CPU、x86、x32、そしてx64デバイスをサポートする。

関連記事


 だが、それは同時に、サーバホステッドVDIを利用して、LANやWAN環境でWindowsを提供するIT企業にも大きな影響をもたらす。そう指摘するのは、オランダのITサービス会社PQRの技術担当役員、ルーベン・スプルート氏だ。

関連ホワイトペーパー

Windows | 仮想化 | サーバ | Windows Server 2008 R2 | Hyper-V


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

「Ameba」がMomentumのアドベリフィケーションツールと連携
サイバーエージェントは、Momentumが提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」...

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...