2011年10月26日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ウイルス対策やパッチ管理だけでは不十分Windows管理者が見落としがちな5つのリスクとは?

社内のWindows端末を安全に保つのにウイルス対策やパッチ管理は不可欠だが、それだけでは不十分だ。管理者が見落としがちな、Windows環境における5つのリスクを紹介する。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 ウイルスにゼロデイ攻撃、セキュリティパッチの当て忘れ、推測されやすいパスワード……。Windows管理者であれば誰であれ、こうしたリスクに対処しなければならないことを理解している。だがWindowsには、上記以外にも対処すべきリスクがあることを認識している管理者は意外と少ない。

 以下に挙げた5項目は、企業のセキュリティ診断で最もよく遭遇するWindowsのリスクだ。こうしたリスクは、読者が管理しているWindows環境にも恐らく存在するだろう。現状のセキュリティ診断の確認項目から漏れているものが1つでもあれば、確実に追加しておく必要がある。こうしたリスクをそのまま放置しておくと、悪意のある人物(攻撃者)がたった1人現れるだけで、企業はすぐさま危険にさらされてしまうからだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...