2011年10月26日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ウイルス対策やパッチ管理だけでは不十分Windows管理者が見落としがちな5つのリスクとは?

社内のWindows端末を安全に保つのにウイルス対策やパッチ管理は不可欠だが、それだけでは不十分だ。管理者が見落としがちな、Windows環境における5つのリスクを紹介する。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 ウイルスにゼロデイ攻撃、セキュリティパッチの当て忘れ、推測されやすいパスワード……。Windows管理者であれば誰であれ、こうしたリスクに対処しなければならないことを理解している。だがWindowsには、上記以外にも対処すべきリスクがあることを認識している管理者は意外と少ない。

 以下に挙げた5項目は、企業のセキュリティ診断で最もよく遭遇するWindowsのリスクだ。こうしたリスクは、読者が管理しているWindows環境にも恐らく存在するだろう。現状のセキュリティ診断の確認項目から漏れているものが1つでもあれば、確実に追加しておく必要がある。こうしたリスクをそのまま放置しておくと、悪意のある人物(攻撃者)がたった1人現れるだけで、企業はすぐさま危険にさらされてしまうからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...