2010年09月30日 08時00分 公開
特集/連載

Webブラウザの脆弱性悪用攻撃を防ぐには?Webブラウザのセキュリティ対策講座

インターネット経由の攻撃を防ぐため、Webブラウザにパッチを当てる以外の手段について尋ねる。

[Tom Chmielarski,TechTarget]

質問:パッチを当てること以外に、Webブラウザ脆弱性を突いた攻撃を回避する効果的な方法はあるか。

 セキュリティは層の厚さがものをいう(技術的、手順的な層を含む)。これ1つで万全といえる手段は存在しない。

 パッチもこれに含まれる。ではそのほかに何をすればいいのか――良い質問だ。

 まず、自分が選んだWebブラウザの最新版を利用すること。これによって累積パッチだけでなく、利用可能なセキュリティ機能をすべて確実に入手できる。フィッシング対策フィルタを利用すれば、正規サイトの悪質なクローンをユーザーが見てしまう確率が減り、セキュリティが向上する。

 また、主要なWebブラウザはすべて、プラグインで機能を拡張できる。しかしこうしたプラグイン(例えばPDFやFlashのビュワーなど)が脆弱性を引き寄せたり、悪質な性質を持っていることもあり得る。インストールしたプラグインがすべて必要なもので、最新版でかつ更新されているか確認する必要があるだろう。

 どうしても必要な場合を除き、アプリケーションを管理者権限で実行しないことも保護レイヤーの1つになる。Webブラウザでのアクセスに管理者権限は必要ない。ユーザーアカウントに管理者権限があれば、実行されるアプリケーションはすべてその権限を持ち、OSを変更することもできてしまう。

 管理者権限のないアカウントを使えば、トロイの木馬やアプリケーション悪用コードの多くは完全実行を阻止できる。OSでレジストリキー変更の許可を与えられていなければ、ひそかに起動したアプリケーションも同じ制約を受ける。

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...