2011年12月02日 09時00分 UPDATE
特集/連載

CPU・メモリ要件を基に見積もるHyper-Vは何台の仮想マシンをサポートできるか? 検討のポイント

仮想環境のサーバ管理者にとって、1台の物理マシンに仮想マシンを何台統合できるかは重要な問題だ。本稿では、CPU・メモリ要件から搭載できるHyper-V仮想マシンの台数を検討する。

[Eric Beehler,TechTarget]

 仮想環境の管理者は、よく数の問題に直面する。データセンターや予算に関するしっかりとした見通しを立てるために、「1台の物理マシンに仮想マシンを何台統合できるか」知りたがる。だが、その答えは常にケースバイケースだ。

 仮想化が利用されていなかった時代は、台数の見積もりが至って簡単だった。サーバアプリケーションごとに1台のマシンを用意することが多く、これらのマシンは一般的に、アプリケーションの利用規模拡大への対応に必要なレベル以上のパワーを備えていたからだ。しかし今では、マシンパワーが複数の仮想マシンで共有されるようになっている。仮想マシンのタイプ、ワークロード、要件(RAM、ストレージ、CPU)によって、1台の物理マシンに仮想マシンを何台統合するのが適切かが決まる。仮想化ではリソースの有効活用を図るために、これらのファクターによって台数が変わる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...