2012年01月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Webページ改ざん対策を無効化する場合もセキュリティ強化のはずが逆効果? HTML5「サンドボックス」の盲点

プラグインなしで映像や音声を再生できる「HTML5」の注目度は高まる一方だが、セキュリティの課題が解決されていないことを懸念する声もある。

[Rob Westervelt,TechTarget]

 Webブラウザに音声や画像、動画を表示する技術である「HTML5」。Adobe Flashとは異なりプラグインが不要なことから注目を集めている。だがセキュリティ専門家は「HTML5の存在が、ユーザー企業のセキュリティ担当者にとって新たな課題になりかねない」と警告する。

 英Sophosの上級技術者であるジェームズ・リン氏は、「HTML5の急速な普及は、思わぬセキュリティ問題を招きかねない」と危惧する。適切にプログラムされていないHTML5のWebアプリケーションの場合、攻撃者によって重要データを不正に取得されかねないという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

読売巨人軍がマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入
読売巨人軍が、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入を決...

news100.jpg

IDOMが挑むモバイルWebサイトの表示速度改善、具体的なノウハウと効果は?
前回に引き続き、中古車買い取り・販売の「ガリバー」におけるWebサイトの表示スピード改...

news087.jpg

WACUL、人工知能を活用したWeb改善ツールに「毎日の成果管理」機能を追加
WACULは、人工知能によるWebサイト分析ツール「AIアナリスト」に新機能「毎日の成果管理...