2012年03月15日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ソーシャルメディアトラフィックがWANを変える【後編】TCPポート80の利用が低下!? 見直し迫られるソーシャル時代のセキュリティ

ソーシャルメディアの利用により、トラフィック量だけでなく通信内容にも変化が生じている。TCPポート80の利用が低下しているという現実から、新たなセキュリティ対策が求められている。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 前編「従来型WANに引導を渡すソーシャルメディアトラフィック」では、ソーシャルメディアの利用拡大に伴い、従来のハブ&スポーク型WANでは新たなトラフィックパターンに対応できない可能性を指摘した。後編では、ソーシャルメディアの利用がもたらした新たなセキュリティリスクについて解説する。

ソーシャルメディアトラフィックでセキュリティギャップが顕在化

 ソーシャルネットワーキングとメディアの利用拡大に伴い、ネットワーク管理者たちは、社内ネットワーク上のトラフィックも変化してきたことに気付き始めた。Palo Alto Networksによると、通常はファイアウォールで防護されているTCPポート80を使用するWebアプリケーションは、社内ネットワーク上のWebトラフィックの半分以下(49%)に低下した。現在では、ポート443を流れる暗号化されたトラフィックがWebアプリケーショントラフィックの大半を占め、ほとんどのセキュリティ製品はこの種のトラフィックを検査することができない。

 Palo Alto Networksの上席リサーチアナリスト、マット・キール氏によると、暗号化されたトラフィックは企業にとって極めてリスクが高いという。「企業が今後もポート80のセキュリティだけに目を向けていると、多くのセキュリティリスクを見逃してしまい、ネットワークを防護できなくなる」

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...