2013年05月17日 18時30分 UPDATE
特集/連載

Windows RT援護射撃で“出し惜しみ”iPad/Android版Office、2014年10月登場のうわさ

MicrosoftはWindows Phone/Windows RTタブレット用Officeの新版をリリースしてからでないと、iPad/Android版Officeを販売しない計画だという。タブレット市場にWindows RTの足場を築く戦略のようだ。

[Jacqueline Emigh,TechTarget]

 ある筋によると、米Microsoftは、Windows Phone/Windows RTタブレット用Officeの新版リリース予定から半年後に当たる2014年10月まで、iPadおよびAndroid版Officeをリリースしない計画だという。それが本当にMicrosoftの計画なら、一部のアナリストが指摘するように、ライバルのタブレット端末向けのOfficeを出さないうちに、タブレット市場にWindows RTの足場を築こうとする“援護射撃”を行う戦略だ(関連記事:iOS版、Android版「Office 2013」が登場しない意味)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

アイレップ、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered by Marketia」を提供
アイレップは、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered b...

news008.jpg

Webサイトのスピード改善はUI/UX改善以上に効果あり――ゴルフルダイジェスト・オンライン担当者が断言
Webサイトの表示速度改善は離脱を減らしコンバージョンを増やすために取り組むべき重要課...

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...