2013年07月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

レガシーでは歯が立たないクラウドの頂へ登れ―米Columbiaが仮想化を決意した理由

サーバ仮想化をした米アパレル会社は、どのようにしてプライベートクラウド化へ移行したのか。廃止した製品、新たに導入した製品を考察する。

[Lauren Horwitz,TechTarget]

 仮想化を始めたばかりの企業であれば、クラウドコンピューティングは優先事項に含まれていないかもしれない。しかし、プライベートクラウドへの布石として仮想化を採用するようなIT部門は、クラウドが会社のビジネスニーズを満たす有効な手段であることを知っている。

 2年前までは、米アウトドアアパレル会社、Columbia Sportswearのグローバルテクノロジーディレクターを務めるマイク・リーパー氏にとって、プライベートクラウドの構築は到底ITの最優先事項ではなかった。しかし、サーバ仮想化のレベルに達した時点で、プロジェクトはクラウドへの移行に道を譲ることになった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...