2013年07月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「AWS Road Trip」の意味とはクラウドサービスのエバンジェリストがユーザーから最も聞かれること

Amazon Web Servicesのエバンジェリストは2013年5月、全米14都市のAWSユーザーグループを訪ねる遠征ツアー「AWS Road Trip」を実施した。その時の模様をユーザーの反応とともにリポートする。

[Jessica Scarpati,TechTarget]

 聴衆の質問攻めに遭うことが明らかな場に、広報担当者の同席もなしに自社の著名幹部の1人を立たせることを不安に思わない大手企業はそう多くないはずだ。

 では、米クラウドサービス大手Amazon Web Services(AWS)のケースはどういうことか。同社のチーフエバンジェリスト、ジェフ・バール氏は2013年5月中旬、米マサチューセッツ州のボストン対岸に位置するケンブリッジにおいて、全米14都市のAWSユーザーグループを訪ねる遠征ツアー「AWS Road Trip」をスタートした。同氏のこの行動にAWSの広報部門はハラハラさせられているのだろうか。そうでなければ、AWSは、リスクを覚悟の上で顧客への啓蒙活動へさらに積極的に取り組むつもりなのだろう。

 バール氏はプレゼンテーションを用意してユーザーグループとの会合に臨んだ。だが2時間に及んだこの会合で、同氏はしばしば話を中断し、AWSの料金体系やパフォーマンス、可用性といったさまざまな話題について、聴衆の質問に答えたり、聴衆からフィードバックを得たりしていた。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

マイクロアドとソフトブレーン・フィールドがO2Oマーケティング事業を開始
マイクロアドはソフトブレーン・フィールドと提携してオンラインから実店舗への来店集客...

news015.jpg

テレビCMを見ているとき、「脳」に何が起こっているのか?──ダイドードリンコのCM評価事例
脳科学の知見を応用して顧客の本音を探る「ニューロマーケティング」。今回はダイドード...

news019.jpg

情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正...