2013年09月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

月額利用料だけで選ぶと失敗するクラウド値下げ競争に浮つかないユーザーたち 各社の本音を探る

AWSやRackspaceなど大手IaaSベンダーの間で価格競争が激化している。だが、IaaS選択のポイントは月額利用料金だけではない。サービス加入の際に掛かるコストや、事業継続性も重要だ。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 IaaS(Infrastructure as a Service)のサービスプロバイダーの中で、複数の事業者がクラウドの使用料を相次いで引き下げて、懸命に新しい顧客を呼び込もうとしている。しかしクラウドのユーザーの多くは、この競争を最初からマーケティング戦略として仕組まれたものと見ているので、低価格というエサにつられることはない。

 米Amazonは、同社のAmazon Web Services(AWS)の専有インスタンスの価格を引き下げると2013年7月中旬に発表した。その直後、米Rackspaceもブログの中で、AWSの専有インスタンスは本当の意味で専有なのかと疑問を表明するとともに、Rackspaceは価格でもパフォーマンスでも優位にあると主張した。

 この2社の争いの場に割って入ったIaaSプロバイダーが米ProfitBricksだ。同社の幹部は「AWSもRackspaceもクラウドサービスの利益率を見るとProfitBricksほど顧客に忠実とはいえない」と非難した上で、同社自身もIaaSの価格を50%引き下げた。

 顧客はクラウドの価格競争が激化してきたと感じている。競争があるのは市場全体としては健全なことだが、今回の価格競争に関して言えば、現在争いを仕掛けている各社が社内のあらゆる部分でコスト削減を図った結果を価格に反映させたわけではない、と顧客は見ている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...

news114.jpg

ロックオン、EC-CUBEの機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版をリリース
ロックオンは、EC-CUBEの機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版(...

news136.jpg

Webとリアルでは戦う相手が違うから――正しく知りたい競合分析の進め方
前回は競合分析の必要性について述べました。今回はWebマーケットにおける競合分析の具体...