2013年09月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

性能向上には疑問視する声もクラウドサービスの救世主? ベアメタルサーバの実力とは

従来のホスティング環境よりも柔軟に運用可能だとして、ベアメタルサーバを採用する動きが目立ってきた。ビッグデータやリアルタイム分析にも適しているといわれる理由をクラウドサービスプロバイダーが語った。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | RAID | ベアメタル | サーバ


 矛盾した話に聞こえるかもしれないが、クラウドサービスプロバイダーの中には、ベアメタルサーバを提供しているところがある。ベアメタルサーバを共有インフラに代わる魅力的な選択肢として検討を始めた企業もある。

 ベアメタルサーバを提供しているクラウドサービスプロバイダーとしては、米IBM傘下の米SoftLayer Technologies、米Rackspace Hosting、米Internap Network Servicesが挙げられる。ベアメタルサーバのサービスは、これらの企業がもともとマネージドホスティングサービスを手掛けていたところから始まったものだが、最新のサービスでは、クラウドとベアメタルの両方の資産を1つのインタフェース上で管理できる。このため、ベアメタルサーバを従来のホスティング環境よりも柔軟に運用できるという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news034.jpg

LINEアカウントを各企業サイトと連携、フィードフォースが「Next ID Alliance」を発表
フィードフォースは、より最適なワンツーワンコミュニケーションを実現できる世界を目指...

news068.jpg

LINEを連携させた新たなマーケティングオートメーションツール、日本経済社とジーニーが共同開発
日本経済社とジーニーは、ジーニーのMAツール「MAJIN」とLINEを連携させた新たなMAツール...

news012.jpg

データを価値に変える方法とは? ファッションテック参入のルグラン 泉 浩人氏に話を聞く
気象ビッグデータを分析し、その日の天気や気温の変化に合わせたコーディネートを提案す...