2013年12月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

申し分ないデザイン、パフォーマンス徹底レビュー:魅惑の高解像度だけではない「iPad mini Retina」のトンガリ具合

iPad mini Retinaは、デザイン、パフォーマンス、ディスプレーの品質の点では申し分ない。しかし、ストレージ容量に関しては使用目的と予算を十分に検討する必要がある。

[Sarah White,TechTarget]

 iPad mini Retinaは、米Appleが発売した最新の8インチタブレットだ。同社の代名詞であるRetinaディスプレイを搭載し、その仕様が強化されている。初代の「iPad mini」は、「iPad 2」をスケールダウンしたバージョンだったが、iPad mini Retinaは通常サイズの「iPad Air」に匹敵する機能を備えている。

構造とデザイン

ik_tt_ipadmini01.jpg

 iPad mini Retinaは、スリムでコンパクトで軽量というApple製品らしい魅力を備えたデバイスだ。寸法は200(高さ)×134.7(幅)×7.5(厚さ)ミリで、重量はわずか331グラムである。3G接続や4G接続を利用した無線通信が可能なCellularモデルの重量は若干増えて341グラムになる。

 iPad Airと同様に、iPad mini Retinaの枠は薄く、デバイスの小型化に貢献している。しかし、片手で持つのは少々困難だ。片手でも持てる大きさだが、両手で持った方が操作しやすく、安定感がある。ディスプレーの端を親指で押さえていても、そのことが適切に認識されるため、ユーザーはもう一方の手で自由にジェスチャを使用できる。

高解像度ディスプレー

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...