2014年04月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2014年度も「Silver to Gold」戦略を継続2025年、“課題先進国”日本の医療ITはどうなっている? GEヘルスケアの発表で占う

GEヘルスケア・ジャパンは4月7日、2014年度戦略発表と新製品群を発表。2025年を見据え、医療機器に加えて超高齢社会で求められる医療サービスの提供を目指す。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

イノベーション | IT戦略 | 医療IT | PACS


 「2025年の新しい医療の姿を見据え、医療課題を解決するイノベーションの実現と、人に優しい医療の提供を加速させる“誰にもまねできない新しい製品・サービスの投入、施策の実施”によって、未来型ヘルスケアカンパニーを目指す」

photo GEヘルスケア・ジャパンの川上氏

 GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長 兼 CEO(最高経営責任者)の川上 潤氏は、同社が2014年4月7日に開催した「2014年成長戦略発表会」の場でこう発言した。

 2025年は2000万人を超える団塊の世代全てが75歳以上となり、高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)が30.3%になると推測される。政府は2011年6月に「社会保障と税の一体改革案」を公表し、超高齢社会における社会保障制度の持続性を確保するための施策を進めている。その中では、病院の機能分化や医療・介護連携、地域に密着した包括的なエコシステム構築など2025年に向けた医療・介護のあるべき姿を提示している。

 川上氏は「社会構造の大きな変化に対応するため、テクノロジーも変わらなければならない。2014年の成長戦略として、技術イノベーションや人に優しい医療の提供を加速させる新製品・新施策を投入する」と説明した。本稿では、同社の2014年成長戦略発表会の内容を踏まえ、同日発表した新製品・サービスを紹介する。

従来の医療機器メーカーという枠を超え、未来型ヘルスケアカンパニーに

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

人工知能がPRコンテンツを自動制作、ベクトルとデータセクションがツールを共同開発
ベクトルは、人工知能(AI)でPRコンテンツの制作をサポートするツール「AI-PR」の開発を...

news005.jpg

「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタ...

news073.jpg

インテージとプレイドが連携、オフライン購買履歴から「価値観」を推定してWeb接客
インテージは、同社が提供する小売業向け生活者の見える化ソリューション「Genometrics(...