2014年07月11日 18時30分 UPDATE
特集/連載

ユーザー絶賛の新旧機種を徹底比較「Surface Pro 3」 vs. 「Surface Pro 2」はまさかのいい勝負 比較で分かった選ぶコツ

「Microsoft Surface Pro 3」は前年発売の「2」と大きく違う。このため、Microsoftは競合製品として両方の販売を続けると考えられる。ユーザーはどちらのモデルを選ぶべきか。

[Jamison Cush,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140712surfacepro_01.jpg Surface Pro 3(右)とSurface Pro 2

 2014年7月17日に日本でも販売が開始される「Microsoft Surface Pro 3」と前年に発売された「Surface Pro 2」。どちらも非常に魅力的なデバイスだ。Surface Pro 2に関しては、以前の記事で次のように評価した(参考:徹底レビュー:異彩タブレット「Surface Pro 2」の斜め上への進化)。

 「Microsoft Surface Pro 2はデザイン性に優れた強力なタブレットである。強力で持ち運びに便利なマシンを求めているユーザーは当然一見の価値はあるが、そうでなければその価格の高さから他のマシンを検討すべきだろう」

 また、Surface Pro 3に関しては、次のように評価した(参考:徹底レビュー:「Surface Pro 3」が示す“キングオブWinタブレット”の貫禄)。

 「米Microsoftの『Surface Pro 3』は、以前の機種と同様、超薄型軽量のボディに高い処理能力を備えたデバイスを求める一定のユーザー層にとって最高のデバイスだ。だが安価ではない。純正のキーボード付きタイプカバーを使用するにも追加のコストが掛かる」

 前述した2本のレビュー記事は、執筆時期が6カ月しか差がない。どちらのデバイスに対する評価も執筆時と変わらない。全ての条件が同じだとすれば、新しいSurface Pro 3の方がSurface Pro 2よりも優れたデバイスといえる。だが、ユーザーのニーズによっては、Surface Pro 2を選択するのが合理的な場合があるのではないだろうか。本稿では、それを検証する。

構造とデザイン

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

2016「今年の○○」、“ほぼほぼ”納得のいく調査データまとめ
「2016年の○○」「今年の××」といったまとめ系調査が数多くリリースされる季節になり...

news106.jpg

コムニコ、企業やブランドのSNSアカウントに特化した投稿検索・分析ツールを提供
コムニコは、企業やブランドのSNSアカウントに特化した投稿検索・分析ツール「POST365」...

news025.jpg

博報堂とCCCマーケティング、Tカード会員1200万人分の実購買データに基づくリサーチパネル活用で協業
CCCマーケティング、博報堂、博報堂子会社の東京サーベイ・リサーチは業務提携を行い、T...