2014年08月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

この10年で教育予算は大幅削減「Windows XP」移行の最終案内 もう仮想デスクトップしかない?

予算の削減が著しい教育機関では、いまだに「Windows XP」からのOS移行に苦労している。米国の教育機関では、コスト面の理由からデスクトップ仮想化を利用し、成功を収めている。

[Diana Hwang,TechTarget]
0811_kf_winxp.jpg

 米イリノイ州パーナのパーナコミュニティー学区では、米MicrosoftのデスクトップPC向けOS「Windows XP」から新しいOSへの移行手段を探していた。そして、コスト面の理由から仮想環境の採用を決定した。

 PCのOS環境をWindows XPから「Windows 7」や「Windows 8.1」にアップグレードするための予算がほとんどない学区は、代替手段を見つける必要に迫られている。ある学区では、デスクトップ仮想化を利用し、成功を収めた。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...