2014年10月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

タブレットの普及でモバイルBIが身近に“iPadでデータ分析”が日常の風景になるか、その現場力を検証する

現場での意思決定や分析は、モバイルアナリティクスを有益な投資に変える代表的な2つの例だ。その一方で、セキュリティやインフラなど解決すべき課題もある。モバイルBIを導入する際のメリットと課題を紹介する。

[Scott Golden,TechTarget]
1014_kf_mobile_bi_190.jpg

 モバイルアナリティクスは確固たる地位を築きつつある。2014年に最も注目のITトレンドである「モバイル」と「BYOD(私物端末の業務利用)」はビジネスの手法を変え、IT部門はその効果を実感している。

 コンサルティング企業の米Avanadeが実施した最近のグローバル調査によると、企業の60%は「ほとんどの従業員が職場でパーソナルコンピューティングデバイスを利用している」と回答している。またITソリューションプロバイダーである米CDWの最新調査でも、中小企業のIT担当者の多くがモバイルデバイスで「コミュニケーションが改善した」(60%)、「生産性が向上した」(55%)、「ビジネスプロセスがスムーズになった」(34%)としている。

モバイルBIをけん引するメリットとは

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news009.gif

「インストール」はゴールではない――アプリ広告の効果をどう検証するのか?
重要度を増すモバイルアプリにおいて、ビジネス視点から見て合理的なプロモーション効果...

news095.jpg

「スマホ動画は縦向き」が初めて多数派に──モバーシャルが動画視聴実態調査
動画制作と動画マーケティング支援のモバーシャルが20〜50代の男女700人を対象に、スマー...

news080.jpg

イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販...