2014年10月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

IPv4カウントダウン計画の最終局面失敗しないための「IPv6ネットワーク機器購買ガイド」

IPv6への移行に備え、IPv6対応ネットワーク機器に関するサービスプロバイダー向けの指針を解説する。サービスプロバイダーとベンダーがIPv6の機能について同じ認識を持てることが狙いだ。

[Ciprian Popoviciu,TechTarget]

関連キーワード

IPv6 | Facebook | Google


tt_aa_kaigai.jpg

 IPv6は運用環境で使用できるといわれて久しい。だが、IPv6の導入が加速し始めたのは最近のことだ。米Googleは、現在IPv6経由で資産にアクセスしているユーザーは4%程度と見積もっている。また、米国のインターネットユーザーに関しては、8.5%がIPv6にアクセスできると見積もっている。だが、IPv6の導入は9カ月で2倍という勢いで増えている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...