2014年11月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

地方活性化でニッポンのクラウドを次のステージへAWS長崎社長インタビュー、エンタープライズにおける次なる施策とは?

エンタープライズでの勢いが目覚しい「Amazon Web Services」(AWS)の長崎社長に、企業導入における最近の傾向、力を入れているパートナー施策、新たに画策する地方展開について聞いた。

[五味明子]
tt_aa_aws.jpg アマゾン データサービス ジャパン 長崎氏

 2014年秋、アマゾン データサービス ジャパンはインテルと共催で札幌、福岡、名古屋、大阪の4都市を巡るクラウドカンファレンス「AWS Cloud Roadshow 2014 powered by Intel」を展開する。「Amazon Web Services」(AWS)の最新技術動向やベストプラクティスに関する情報を、AWSのアーキテクトや導入企業担当者が現地で直接伝えることで、「クラウドが変える“明日”のビジネス」というテーマそのままに、クラウドがもたらすビジネスメリットを地方にも拡げていくことが狙いだ。AWSが東京リージョンとして国内にデータセンターを開設してから3年がたつが、ここにきて地方におけるクラウドへの注目度が急速に高まりつつある。この流れを一気に本格化させ、日本のクラウド活用を新たなステージに押し上げることができるのか。今回、Roadshowが開催される4都市全てで基調講演を行うというアマゾン データサービス ジャパン 代表取締役社長 長崎忠雄氏に、日本におけるAWSとクラウドのビジネス動向を中心に話を聞いた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...