2015年01月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

筆者が考える真の疑問は……次は「Windows 10」? それでもMicrosoft製品を買ってしまう本当の理由

Microsoftの製品は、なぜ多くの企業に受け入れられるのだろうか。同社のソフトウェアは高価だし、近年の事業戦略は他社の後追いばかりである。同社の競争優位性について考察する。

[Celso Mello,TechTarget]
0126_kf_ms_190.jpg

 今から35年前、まだメインフレームが主役であった時代、エンタープライズソフトウェアは米IBMを中心に選択するのが一般的だった。同社の市場支配力は当時、ジョージ・オーウェルが書いた小説の世界になぞらえられることもあったが、新たなソフトウェアのトレンドとニーズを前にして、徐々に市場の多様性に取って代わられた。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。