2015年06月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Googleが「Android Pay」発表Android、iPhoneのモバイル決済対応がショッピングをこう変える

2015年5月末に開催された開発者向け年次カンファレンス「Google I/O」で発表されたモバイル決済プラットフォーム「Android Pay」。Android Payの登場で、小売店の現場はどう変わる?

[Francesca Sales,TechTarget]

関連キーワード

Google | Android | CIO | Apple | セキュリティ


tn_tt_pay001.jpg 米Googleによる「Android Pay」のWebサイト《クリックで拡大》

 スマートフォンで決済を行う消費者の数は増える一方だ。米Googleは、そのような消費者のニーズに対応する用意があることを2015年5月末に明らかにした。その過程で天敵である米Appleの「Apple Pay」と対決することになる。小売業者に限らず、企業の最高情報責任者(CIO)はGoogleの「Android Pay」に注目すべきだとIT専門家は語る。

 米サンフランシスコで開催された開発者向けカンファレンス「Google I/O」で、Googleは同社の新しい決済プラットフォームであるAndroid Payの詳細を開発者に発表した。Googleは、クレジットカード会社や小売業者、決済サービス提供会社と密接に協力し、各社がAndroid Payを活用した独自のアプリケーションを開発できるようにしている。そのため消費者はアプリケーションと店舗のどちらでもAndroid Payを利用することができる。Android Payは小売店のポイントプログラムとも統合可能で、小売店の顧客は購入のたびにポイントをためられる。また、小売店はAndroid Payを使った顧客について、詳しい情報を収集することが可能だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を提供開始
Supershipは2016年9月29日、位置情報に基づいた効果的な広告配信を実現する「Supership G...

news139.jpg

「F.O.X」で計測したデータを「TREASURE DMP」内で分析可能に
CyberZとトレジャーデータは連携し、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force...

news133.jpg

シャノンとソフトブレーンが連携、マーケティングデータを活用した営業支援を強化
ソフトブレーンとシャノンは業務提携し、マーケティングデータを有効に活用し、戦略的な...