2015年07月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

21世紀の問題を20世紀の手法で解決しようとしている「IoT」でスマートシティに再び脚光 立ちふさがる障害と課題とは (1/2)

「モノのインターネット(IoT)」を利用することで、都市は交通渋滞や資源不足などの問題に容易に対処できるようになる可能性がある。だが構造的な障害と消費者の側に課題が残っている。

[Lauren Horwitz,TechTarget]
0713_kf_iot.jpg IoT Worldでパネリストが議論する様子《クリックで拡大》

 米国の各都市は、交通渋滞や人口過剰、エネルギー問題に取り組む中、「モノのインターネット(IoT)」の活用によってその苦境から抜け出そうとしている。だが、データのサイロ化や消費者の懐疑的な態度など、昔ながらの問題に真っ向から立ち向かう必要があると業界の専門家らは指摘する。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「LINE」「トランプ」「Instagramの新アイコン」、ソーシャル好き過ぎる人たちの傾向
その情報、信じて大丈夫? 「LINE」や「Facebook」「Twitter」が生活インフラとして定着...

news022.jpg

Facebookの成長に日本市場が果たす役割――フェイスブックジャパン代表取締役 長谷川 晋氏が語る
フェイスブック ジャパンは2017年2月15日、同社の東京オフィスにおいて、プレス向け説明...

news076.jpg

Webインテグレーション市場は2020年度がピーク?――AIによる工数削減で以後は成長鈍化の可能性も
ミック経済研究所は、Webインテグレーション市場とネット広告のアドテクノロジープラット...