2015年07月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Brocade VDX 8770」を徹底解剖VCS、OpenStack、SDNもサポート、次世代スイッチは「全部入り」が正解?

米Brocade Communications Systems の「Brocade VDX 8770」は、複雑な企業のIT環境に合わせて設計されたデータセンタースイッチだ。

[Aditya Gune,TechTarget]
ttyo_20150721.jpg Brocade VDX 8770の2つのモデル。左が8スロットの「8770-8」、右が4スロットの「8770-4」《クリックで拡大》

 米Brocade Communications Systems の「Brocade VDX 8770」は、企業のIT環境向けに設計されたデータセンタークラスのスイッチだ。これには、高度に仮想化されたインフラやストレージエリアも含む。VDX 8770には8スロットの「8770-8」と4スロットの「8770-4」という2つのモデルがある。どちらのモデルもL2/L3でスイッチングの機能を提供している。また、Brocadeの「Virtual Cluster Switching(VCS)」ファブリックテクノロジーをサポートしている。さらに、OpenStack、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)テクノロジー、BrocadeのVM-aware Network Automationソフトウェアなどもサポートしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...