2015年07月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Brocade VDX 8770」を徹底解剖VCS、OpenStack、SDNもサポート、次世代スイッチは「全部入り」が正解?

米Brocade Communications Systems の「Brocade VDX 8770」は、複雑な企業のIT環境に合わせて設計されたデータセンタースイッチだ。

[Aditya Gune,TechTarget]
ttyo_20150721.jpg Brocade VDX 8770の2つのモデル。左が8スロットの「8770-8」、右が4スロットの「8770-4」《クリックで拡大》

 米Brocade Communications Systems の「Brocade VDX 8770」は、企業のIT環境向けに設計されたデータセンタークラスのスイッチだ。これには、高度に仮想化されたインフラやストレージエリアも含む。VDX 8770には8スロットの「8770-8」と4スロットの「8770-4」という2つのモデルがある。どちらのモデルもL2/L3でスイッチングの機能を提供している。また、Brocadeの「Virtual Cluster Switching(VCS)」ファブリックテクノロジーをサポートしている。さらに、OpenStack、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)テクノロジー、BrocadeのVM-aware Network Automationソフトウェアなどもサポートしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

Adobe幹部に聞く、マーケティングを超えた「顧客体験」の提供に企業が今取り組むべきこと
創業以来、クリエイティブ支援の会社として確固たるポジションを築いてきたAdobe Systems...

news014.jpg

「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人...

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...