2015年08月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

可能性が広がる人工知能【後編】人工知能の時代がすぐそこに CIOが解決すべき10の課題

米IBMの「Watson」をはじめ人工知能(AI)技術が発達し、今後次々と生まれる新たな可能性は非常に巨大だ。本格的にAI時代がくる前に備えておくべき10の課題を紹介する。

[Harvey Koeppel,TechTarget]

関連キーワード

CIO | データ分析 | Gartner | IT部門 | IT戦略


ハイプサイクルに追加すべき「特異点」

tn_tt_ai003.jpg Gartnerのハイプサイクル《クリックで拡大》

 私も多くの人々と同じく、人工知能(AI)技術は今、変曲点にあると考えている。米Googleの「Google Search」の辞書の定義によると、「Singularity」(特異点)という用語は、ある関数が無限大の値を取る点を意味し、時空間ではブラックホールの中心のように物質の密度が無限大となる点を指す。ムーアの法則を信じるかどうかにかかわらず、AI技術の進歩が急速に進んでおり、その機能の重要性が高まっているのは疑問の余地がない。特に人間とのつながりという部分では極めて重要性が高い。生体工学で作られる人体部品はもはや、SFの世界の話でもなければ、学術的研究の領域に閉じ込められているわけでもない。人間とコンピュータとの間のインタフェースはもはや、マウスを動かしたり、自撮りをしたり、腕や足を動かしたりするといったことだけにとどまらない。電気機械部品やシリコンベースの技術を人体に接続したり埋め込んだりするようなことも現実となっているのだ(前編記事:挫折を重ねてきた人工知能研究が今注目される“歴史的な理由”とは)。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...