2015年09月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アップグレードしようかどうか迷っている人へ5分で分かる「Windows 10」:アップデート方法は? Siri対抗「Cortana」って何? (1/2)

最新かつ“最後”のWindowsである「Windows 10」。既存のWindowsからのアップグレード方法から、デジタルアシスタント「Cortana」まで、Windows 10を基礎からおさらいする。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像 Windows 10は最新かつ“最後”のWindowsとして登場した(画像は日本マイクロソフトのWindows 10紹介ページ)《クリックで拡大》

 歴史のある「Windows」の系統の中で最新のOS、そして米Microsoftいわく “最後のWindows”である「Windows 10」がリリースされた。Microsoftは、2、3年ごとに新しいOSをリリースするという従来のやり方を変更。代わりに米Googleが絶えず「Chrome OS」をアップデートしているのと同様な方法で、Windows 10を永続的にアップデートするつもりだ。

 結局のところ、この変更は歓迎すべきニュースである。IT管理者は新しいライセンス料や、Windows 10後の新OSへの移行に伴う問題に対処する必要は基本的になくなる。アップデートのタイミングを調整することもできる。特定の機能が必要でない場合、または他の企業がアップデートに対してどのように反応するかを確認したい場合、そのままアップデートをスキップすればよいのだ。

 セキュリティのアップデートは、これらのアップデートとは完全に別の存在である。管理者はアップデートがリリースされ次第インストールし、それでも望まない機能のアップデートは見送る、といったことも可能だ。本稿では、そんなWindows 10へのアップグレード方法や主要機能を簡潔に解説する。

1分目:Windows 10へアップグレードするには

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...