2015年09月30日 14時30分 UPDATE
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介動画:140年続く伝統公立校が「アクティブラーニング」に挑戦する理由

140年以上の歴史を持つ静岡県立韮山高等学校が、「アクティブラーニング」に取り組む理由とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

iTeachers | 教育IT | iPad | タブレット


画像 iTeachers TV第17回には、韮山高校でアクティブラーニングを推進する鈴木教諭が登場《クリックで拡大》

 1873年に開設された小学校教員養成のための仮研究所を起源とする、静岡県立韮山高等学校(静岡県伊豆の国市)。2013年に創立140周年を向かえた同校は、静岡県内で最古の公立校として知られています。そんな同校で、生徒の主体的な学習を促す「アクティブラーニング」を推進するのが、地歴・公民科を担当する鈴木映司教諭です。

 「これからの社会は、今までの社会や今の社会と比べて大きく変わる。それならば、授業も大きく変わらないといけないのではないか」。鈴木教諭はこう語り、授業の在り方、そして教育の在り方に変革が迫られていると説きます。iTeachers TV第17回は、同校がアクティブラーニングに取り組む理由とその実践例を、同教諭自ら明かします。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、デジタルハリウッド大学の栗谷幸助 准教授が登場。動画教材内で紹介する資料の工夫について紹介します。動画教材では、講師がスライドを示しながら学習内容を説明する形式が一般的です。言い漏らしのないよう、最初からスライドにあらゆる要素を記載した方がよいと考えがちですが、それはかえって逆効果になる可能性があると、栗谷准教授は指摘します。それはなぜでしょうか。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「次へ」ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

Twitter、J・K・ローリング原作の最新映画で「プロモステッカー」を日本でも提供開始
Twitterは、映画『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』の「プロモステッカー」を...

news111.jpg

「アンバサダープログラムアワード」受賞企業が語るコミュニティー運営の課題と可能性
アジャイルメディア・ネットワークはファンの口コミの活性化や共創的な取り組みを重視し...

news043.jpg

ケツメイシ15周年記念ライブで実現、ライブ×スマホ×カラオケの「O2O2O」プロモーション
激変する音楽業界で「ライブ」の価値が再評価される中、ここを起点に周辺ビジネスも新た...