2015年04月24日 12時00分 公開
特集/連載

共愛学園前橋国際大学が開発する“公開履歴書システム”の中身とは?「大学改革セミナー」リポート

「アクティブラーニング」などの学習スタイル変革は、全ての学生に効果があるのか。それを検証し、かつ学生の成長内容を蓄積した“公開履歴書”の構築を進める共愛学園前橋国際大学の取り組みを紹介する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育 | 教育IT | iPad


写真 共愛学園前橋国際大学の大森副学長

 群馬県前橋市の共愛学園前橋国際大学は1999年の開学以来、学生の満足度や学習の質を向上すべく、IT活用をはじめとするさまざまな取り組みを推し進めてきた。2010年度には学生や教職員に米Appleの音楽プレーヤー「iPod touch」やタブレットの「iPad」を導入したり、学生の主体的な学習を促す「アクティブラーニング」を推進するなど、その内容は多岐にわたる。

 そんな中、共愛学園前橋国際大学は1つの疑問に突き当たる。これらの取り組みは、学生に本当にメリットをもたらしているのか――。端末導入や学習スタイルの変革は確かに華々しいが、それが実際に学生の基礎学力やコミュニケーション力などの向上につながらなければ意味が無い。学生にとっても、多くの活動をこなしたものの、自分が活動を通してどう成長したのか分からなければ、就職活動などでもアピールのしようがない。

 共愛学園前橋国際大学はこうした状況を踏まえ、自らの取り組みが学生に及ぼす影響の可視化にとどまらず、学生1人ひとりの成長内容を企業などの学外にも開示できるようにする計画を進めている。その内容とはどのようなものなのか。内田洋行が2015年4月に開催した大学関係者向けイベント「大学改革セミナー」で講演した、共愛学園前橋国際大学の大森昭生副学長の話を基に紹介する。

学生の93%がアクティブラーニングを体験

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...