2016年01月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

失敗しない「学校IT製品」の選び方:マネージド無線LANサービス編【後編】“無線LANの悪夢”から学校を解放する「導入・運用丸ごとお任せサービス」とは? (1/3)

無線LANの導入や運用管理は、教育機関にとって大きな負担となる。そうした作業を丸ごとアウトソースできる手段が「マネージド無線LANサービス」だ。その選定ポイントを示す。

[武田一城,日立ソリューションズ]

関連キーワード

教育 | 教育IT | ネットワーク | 無線LAN


 無線LANは教育機関にとって、クライアントPC/タブレットといった校内端末から、校内LANやインターネットへ手軽にアクセスできるようにする大変便利なIT製品だ。家庭用として販売されている小規模環境向けの無線LANアクセスポイント(AP)は、家電量販店でも購入でき、設定は10分もあれば完了する。一部の普通教室だけ、特定教科の特別教室だけの利用など、小規模な利用であれば特段問題はない。

 ただし、全学習者を対象にタブレットを導入し、普通教室を含めた全教室でタブレットを活用するといった大規模で本格的なIT導入の際には、話が変わる。教育機関には一般的に数百から数千人の学習者がいる。その全てがタブレットを使用するとなると、必要となるAPの数は必然的に多くなり、電波干渉やAPの運用管理負荷が大きな問題となる。

 前回「便利なはずの『無線LAN』が学校を苦しめるこれだけの理由」で述べた通り、安定した無線LAN環境を構築・運用するには、「事前調査」「構築」「運用」を高レベルで実行しなければならない。それには相応の負荷が掛かることは言うまでもない。

 教育機関が、大規模な無線LANの導入・運用を苦労せずに成功させるにはどうすべきか。その具体策として注目すべきなのが「マネージド無線LANサービス」だ。

普及し始めた「マネージド無線LANサービス」

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。