2016年02月16日 15時00分 UPDATE
特集/連載

攻撃者とセキュリティベンダーの終わりなき戦い【前編】短くなるセキュリティ脅威の検出時間、それでもリスクが減らないのはなぜ?

セキュリティベンダーがネットワーク上の脅威を見つけ出すまでの時間は年々短くなっているという。しかし、企業にとってのリスクはそれほど低減されず、場合によっては高まっている。その理由とは?

[Michael Heller,TechTarget]
イメージ画像

 2016年度の「Ciscoセキュリティレポート」は、サイバーセキュリティの二重性を強調し、さまざまな課題について解説している。より効果的かつ効率的な攻撃手法を模索している脅威の因子と、その変化に対応するセキュリティプロバイダーの終わりなき戦いとして、滞留時間と暗号化について取り上げている。

脅威を検出するまでの時間について

 Ciscoにとってプラス要素となるはずの統計の1つは、2015年5月以降、同社がネットワークの既知の脅威を検出する平均時間(または脅威の滞留時間)を17時間に短縮していることだ。ただし、この測定基準は脅威の因子とセキュリティプロバイダー間の「駆け引き」を表したもので、特定の時点でどちらが優勢かということを確認する方法として使用されるべきである。そう語るのは、同社でセキュリティビジネスグループのプリンシパルエンジニアを務めるジェイソン・ブルベニク氏だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...