2016年02月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

多様化するエンドポイントの理想的な管理方法IT管理者が夢見る「iPhone、Mac、Windows 10の同時管理」が難しい理由

モバイルデバイスとクライアントPCを一緒に管理する「統合エンドポイント管理」のニーズを満たす製品は幾つかあるが、いずれも一長一短だ。理想的な統合エンドポイント管理を実現するには、大きな壁がある。

[Jack Madden,TechTarget]
tn_tt_emm.jpg 統合でエンドポイントを管理できる「IBM Endpoint Manager family」の公式Webページ《クリックで拡大》

 デバイスの増加やプラットフォームの多様化、クラウドコンピューティングの台頭など、今日のトレンドをみれば、単一のプラットフォームから可能な限り多くのエンドユーザーのコンピュータ体験をコントロールすることは、十分意味がある。すなわち「統合エンドポイント管理」である。

 統合エンドポイント管理は、モバイルデバイスやクライアントPCの設定、管理、保護を単一のプラットフォームからするプロセスだ。統合エンドポイント管理は、「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)製品の流れで考える必要がある。というのも、EMMは統合管理の構成要素の1つであるからだ。IT部門は管理ツールを統合したいと望んでおり、EMM機能を提供するベンダーはそうしたニーズに対応できるように、デスクトップ管理を取り込みたいと考えている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。