2016年03月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

知って納得、「セキュリティ法制度対応」の具体策【第3回】「個人情報保護法」改正で必要になるセキュリティ対策とは? (1/3)

2015年に改正された個人情報保護法は、企業のセキュリティ対策にどのような影響をもたらすのか。特に情報システムとの関わりが深いと思われる改正点を中心に解説する。

[太田 海,NRIセキュアテクノロジーズ]

 個人情報の取り扱いに関するセキュリティ法制度である個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)。その改正法(改正個人情報保護法)が2015年9月3日に成立し、2年以内に施行されることとなった。改正点のうち、とりわけ情報システム担当者にとってポイントとなるものを大別すると、

  • 個人情報の定義の明確化と、それに伴う概念追加
  • 法の適用範囲の拡大
  • セキュリティ対策の強化

の3つとなる。本稿ではこれら重要な改正点に焦点を当て、必要なセキュリティ対策を解説する。

個人情報の定義の明確化と、それに伴う概念追加

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...