2016年08月01日 09時00分 UPDATE
特集/連載

動き始めた「ラーニングアナリティクス」【第1回】AIブームが後押し? 「ラーニングアナリティクス」が教育界の“熱い話題”になった理由 (1/3)

教育関係者の関心が高まりつつある「ラーニングアナリティクス」。そもそもラーニングアナリティクスとは何か。注目の背景には何があるのか。詳しく解説する。

[吉田 自由児,デジタル・ナレッジ]

関連キーワード

ビッグデータ | データ分析 | 教育 | 教育IT


 学習者の学習履歴や行動履歴といった大量のデータである「教育ビッグデータ」を分析し、学習や指導に役立つ情報を得る。そんな「ラーニングアナリティクス」に関する話題がここ最近、教育関係者の間で挙がるようになりました。最近では「eラーニングアワードフォーラム」「教育ITソリューションEXPO」といった主要な教育IT系イベントでの出展内容や講演内容のあちこちに、「教育ビッグデータ」「ラーニングアナリティクス」といった用語が踊っています。2015年5月5日付の朝日新聞朝刊が教育ビッグデータの特集記事を組むなど、教育関係者だけでなく世間一般にも関心が広がりつつあるようです。

 国が主導するIT政策を見ると、総務省が2014年度から3年計画で進めている教育分野のIT政策「先導的教育システム実証事業」において、ビッグデータ分析、つまりラーニングアナリティクスが重要な位置を占めています。例えば教育システムに記録された膨大な学習データを分析し、学習者一人一人に合った最適な学習教材を提供することで、きめ細かな指導の実現を目指しています。さらには学習履歴を分析・解析する領域からの新規ビジネス創出も見込んでおり、国としてもラーニングアナリティクスにかける並々ならぬ期待や、ラーニングアナリティクスへの取り組みを推進する姿勢が見て取れます。

図1 図1 先導的教育システム実証事業の概要(出典:総務省の資料を基に一部変更)《クリックで拡大》

 教育ビッグデータを分析し、学ぶ人と教える人双方にとっての利便性を高め、学習効果を最大限発揮できる学びのメソッドを模索するラーニングアナリティクス。既に概念や研究テーマという枠を飛び越え、実際の教育現場での採用も進みつつあります。この連載では、そんなラーニングアナリティクスの概要や仕組み、今後の展開について解説します。

ラーニングアナリティクスとは何か

       1|2|3 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...

news015.jpg

THECOO、「iCON Suite」にインフルエンサーとフォロワー双方の興味関心データを提供
THECOOは、インフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」において「インフルエン...

news106.jpg

マイクロアドとソフトブレーン・フィールドがO2Oマーケティング事業を開始
マイクロアドはソフトブレーン・フィールドと提携してオンラインから実店舗への来店集客...