2016年08月31日 15時00分 UPDATE
特集/連載

データの長期保存で需要拡大「LTFS」「BaFe」などの新技術で再注目、「テープストレージ」から目を離せない理由

Linear Tape File System(LTFS)とLinear Tape-Open(LTO)テクノロジーを利用したテープアーカイブシステムは、データアクセスが容易で耐久性も向上する。その具体的なスペックをチェックしてみよう。

[Jon Toigo,TechTarget]
枯れた技術と思いがちなテープストレージだが今でも地道に進化し続けている

 Spectra Logicなどのテープライブラリメーカーがアクティブアーカイブ製品を推進している。中でもSpectra Logicは、他社に先駆けて特定業種に特化した市場のワークフローにアクティブアーカイブを直接組み込んだ。Spectra Logicが特に取り組んでいるのがメディアやエンターテインメント業界だ。

 編集システムから取得したビデオクリップをオブジェクトに変換し、そのオブジェクトバケットをSpectra Logicの「BlackPearl」を通じて直接テープに転送する。BlackPearlは、オブジェクトマネジャーとオブジェクトハンドラーの役割を兼ねており、テープのマウントポイントとしても機能する。

 IBMが開発したソフトウェア相互運用性レイヤーで、業界標準として多くの関係企業が認定している「Linear Tape File System」(LTFS)は、ファイルシステム構造を利用してデータをテープに書き込む複雑な処理を行う。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...

news023.jpg

「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信されるダイナミック広告が...