2017年01月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

今後はハードウェアとソフトウェアが別売りにTeslaが実践するハードウェアに縛られない新しいビジネスとは

日常で使う製品が、IoTによって大きく変わり始めている。Tesla Motorsが取り組みを参考に、今後のデバイスの在り方を紹介する。

[Eric Free,TechTarget]
IoTの概要とイメージ(TechTargetジャパン記事「“モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る」から)《クリックで拡大》

 「IoT」(モノのインターネット)がもたらす新たな産業革命によって、私たちが毎日使うモノとの関わり方は一変することになるだろう。全てのモノがサービスとなる時代が始まろうとしている。

 これまでの製品は、特定の用途に対し特定の機能を提供するために製造されていた。ニーズが変わればそれは用済みとなり、代わりの製品に置き換えなければならなかった。ところがデータを収集し続ける「インテリジェントデバイス」の登場でそれは変わりつつある。IoT時代に生まれた新しいパラダイムで、メーカーは1つのデバイスからカスタマイズやアップグレードが可能な製品やサービスを提供できる。消費者は、IoTデバイスをカスタマイズやアップグレードすることで、デバイスが提供する機能と価値を入れ替えることができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...