2017年01月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Twitter」をC&Cサーバとして悪用Twitterアカウントに操作される――Android版トロイの木馬「Twitoor」の恐怖

Twitterアカウントをコマンド&コントロール(C&C)サーバ代わりにしてAndroid端末に侵入する「Twitoor」というマルウェアがばらまかれている。その手口と対策は。

[Michael Cobb,TechTarget]
ESET 「Twitoor」についてレポートするESETのWebサイト《クリックで拡大》

 「Twitoor」という新しいAndroid版トロイの木馬は、アンチウイルスベンダーESETが発見した。このマルウェアは不正アプリをデバイスにダウンロードさせ、コマンド&コントロール(C&C)を行う「Twitter」のアカウントから命令を受け取る。発覚しても、簡単に別のTwitterアカウントに切り替えて通信をリダイレクトしてしまう。Twitoorの攻撃を阻止するにはどうすればいいのか。他のマルウェアも同じ手口でTwitterを悪用する可能性はあるのか。

 ボットネットにコマンドを送る攻撃や、遠隔操作でマルウェアをインストールして情報を盗み取る攻撃は強力であり、ボットネットやある種の不正アプリの危険性は高まる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...