2017年01月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Twitter」をC&Cサーバとして悪用Twitterアカウントに操作される――Android版トロイの木馬「Twitoor」の恐怖

Twitterアカウントをコマンド&コントロール(C&C)サーバ代わりにしてAndroid端末に侵入する「Twitoor」というマルウェアがばらまかれている。その手口と対策は。

[Michael Cobb,TechTarget]
ESET 「Twitoor」についてレポートするESETのWebサイト《クリックで拡大》

 「Twitoor」という新しいAndroid版トロイの木馬は、アンチウイルスベンダーESETが発見した。このマルウェアは不正アプリをデバイスにダウンロードさせ、コマンド&コントロール(C&C)を行う「Twitter」のアカウントから命令を受け取る。発覚しても、簡単に別のTwitterアカウントに切り替えて通信をリダイレクトしてしまう。Twitoorの攻撃を阻止するにはどうすればいいのか。他のマルウェアも同じ手口でTwitterを悪用する可能性はあるのか。

 ボットネットにコマンドを送る攻撃や、遠隔操作でマルウェアをインストールして情報を盗み取る攻撃は強力であり、ボットネットやある種の不正アプリの危険性は高まる。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...