2017年02月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

欲しいのは「AI」ではなく、何ができるか「AI」が可能にする自動売り上げ予測――次の業務システムが向かう先とは

「人工知能」技術がさまざまなサービスで活用されるようになってきた。企業の業務において、AI技術はどのような可能性を持つのだろうか。ERPの視点から考えてみた。

[藤本京子,著]

求められるERPの姿とは

AIがERPに与える影響とは AIがERPに与える影響とは《クリックで拡大》

 人間の仕事が奪われてしまうのではないか――。そんな議論さえ起こるほど、「AI」(人工知能)関連技術は高度化が進み、その応用範囲は幅広い。AI技術に対する期待と不安は高まるばかりだが、企業の業務においてAI技術はどのような可能性を持っているのだろうか。

 「ベンダーは製品開発において、常に顧客が必要とするものを考えなければいけない」と語るのは、IT企業や広告業界を中心にERP(統合業務)パッケージ製品を提供するビーブレイクシステムズの取締役で、営業部長兼関西支社長を務める高橋 明氏だ。例えば、クラウド化の流れはその1つだという。「システムにAI技術が必要だとはっきりと言うユーザー企業は少ないだろう。むしろベンダー側が、AI技術を使うことで、ユーザー企業の『業務を支援するこんな機能がほしい』という要望を実現できるのではないかと模索しているのが現状だ」と高橋氏は説明する。

 AI技術によって、ERPはどのような進化を遂げる可能性があるのだろうか。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...