2017年04月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

似ているようで違うAWS、Azure、Googleのクラウドストレージを比較、各社の特徴は?

パブリッククラウドの主要プロバイダー各社が提供するストレージについて調べた。比較したのはバックアップ/リカバリ、アーカイブ、ハイブリッドクラウドストレージ、クラウド分析といった機能だ。

[Matthew Pascucci,TechTarget]
Google Cloud Strageの料金《クリックで拡大》

 パブリッククラウドストレージにより、企業はデータの保存に、拡張や管理が容易で、信頼性の高いサービスを導入できるようになる。この分野の競争は激しく、同じようなサービスを提供するベンダーが数多く存在するが、市場をリードするのはAmazon Web Services、Google、Microsoftの3社だ。

 このパブリッククラウド大手ベンダー3社は全て、中小から大規模ビジネスまで多種多様な企業が利用できるストレージサービスを用意している。各社が提供するクラウドサービスは本質的によく似ており、選択に困ることがある。各サービスの違いは小さくても、その違いが重要で、ビジネスでの決断の要因になる可能性もある。

クラウド ナビ


Amazon S3

 Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)はオブジェクトストレージサービスで、格納するデータの表示、保存、検索に使いやすいWebインタフェースを提供する。このストレージはセキュリティが確保され、堅牢で冗長性の高いサービスを提供し、Amazonが関係する他の複数のクラウドサービスと統合できるようになっている。Amazon S3は、仮想サーバの「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)、IDとアクセス管理サービス、移行サービスと連係し、Amazonエコシステムを中心に自社のデータと統合できる。他にもストレージサービス「Amazon Glacier」と「AWS Storage Gateway」があり、バックアップとリカバリ、長期間のアーカイブが行える。AWS Storage Gatewayは、オンプレミスとAWSのクラウドストレージの間でハイブリッドクラウドストレージを提供する。

 Amazonはコンプライアンスにも多くの投資をしており、要件や標準に適合するよう複数の業界をまとめて支援している。「Amazon GovCloud」はセグメント化されたAWSリージョンの1つで、政府データのみを保存するように設計されている。

 AWSのストレージサービスは、選択する機能に応じて価格が設定される。「AWS Simple Monthly Calculator(簡易見積もりツール)」を使えば、毎月の請求額を見積もることができる。AWSの価格は、リージョン、ストレージ容量(TB単位)、アクセスレベル(標準、標準低頻度、Glacier)を基にする。追加料金には、GET/PUT、データ取り出し、データ転送など、データの要求に応じた費用が含まれる。大半のパブリッククラウドサービスと同様、使用量に応じて課金される。こうしたサービスは、Amazonから直接またはチャネルパートナーから購入できる。

 AWSには無料利用枠がある。この無料利用枠を使って、Amazon S3と5GBの標準ストレージを体験できる。無料利用枠には2万回のGET要求と2000回のPUT要求も含まれる。AWSアカウントにサインアップすると、このサービスだけでなく、他の製品やサービスも12カ月以上利用できる。

Google Cloud Storage

 Googleのクラウドサービスは主要3社の中で最も新しいが、成熟していないということではない。定着した堅牢なプラットフォームにより、Googleは開発者、スタートアップ企業、大規模企業向けにオブジェクトベースのストレージを提供している。

 Googleの「Google Cloud Storage」は、地域内でもグローバルにも高可用性を提供する。この高可用性は、ライブストリーミング、オンデマンドコンテンツ、アクセス頻度の高いデータにとって理想的で、データ分析やバッチ処理などのユースケースにも申し分ない。

 Googleは、現状のインフラを他の製品作成の支援にも利用している。また、「Nearline」や「Coldline」など、アーカイブサービスも複数提供している。こうしたサービスにより、顧客は必要に応じてアーカイブデータにアクセスできる。ユーザーが1年に1回以下しかアクセスしないデータにはColdlineが適している。また、1カ月に1回以下であっても、年間複数回ユーザーがアクセスするデータにはNearlineが適している。

 Google Cloud Strageの料金は、リージョン(Multi-RegionalとRegional)、ストレージの種類(NearlineまたはColdline)とデータの取り出しや短期間でのデータ削除、データの転送先と用途に応じたネットワークの下りデータ料金、特定のデータ要求(GET、PUT、POSTなど)によるリージョン間のデータ転送量に応じて決まる。

 Googleはストレージ料金に対するクレジットと無料のテクニカルサポートを含む、60日間の無料試用を用意している。Google Cloud Platformは、Googleから直接購入できる。

Microsoft Azure Storage

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...