2017年06月02日 12時00分 UPDATE
特集/連載

世界の5大陸でRPA導入に携わった専門家が語る「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)導入の鍵は“POCよりPOV”

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)導入に当たっては概念実証が重要視される。だが、専門家の見方は異なる。

[Linda Tucci,ITmedia]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


画像 ロボティックプロセスオートメーションによる定型業務の自動化は日本企業でも既に実用化しつつある(出典:リコージャパン)《クリックで拡大》

 人間がコンピュータを使って実行する定型業務をソフトウェアロボットで自動化する「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)。その導入に意欲的な企業の多くは「概念実証」(POC:Proof of Concept)にこだわる。だがRPA技術の専門家デビッド・ブライアン氏によれば、それは良いことではないという。

 「顧客のところに行って、既に実証されている概念を何度も実証するのは気が引ける」とブライアン氏は語る。簡単なスプレッドシートを使って従業員が1人でこなせるようなシンプルなプロセスを自動化するだけで、概念実証は成功だからだ。

 だが概念を実証したとはいっても、実際に実証できたのは、このテクノロジーが正しく機能するということだけだ。「ビジネスケースを提案できるかどうか、希望通りの効果を達成できるかどうかについては、実証できていない」とブライアン氏は語る。同氏によれば、企業がRPAを検討する際に重視すべきはPOCではなく「価値実証」(POV:Proof of Value)であり、「その方が大きな課題だ」という。

 ブライアン氏は、RPAなど「未来の働き方」を実現する技術のコンサルティング、導入、マネージドサービスを手掛けるSymphony Venturesの共同創業者兼最高執行責任者(COO)だ。3年前の創業以来、Symphony Venturesは世界各地で幅広い業界のRPAプロジェクトに取り組み、これまでに世界の5大陸でRPA導入に携わったという。

現場ごとに課題はさまざま

 Symphony VenturesがこれまでRPA化に携わった業務プロセスも多岐にわたる。RPAはプロセス特化型のソリューションではなく、そうしたソリューションがカバーしない、ルールベースの手作業業務を自動化するものだからだ。当然ながら、手作業業務の内容は企業ごとに異なる。

 「例えば5社の企業が同じERPシステムを導入していたとしても、設定は各社のルールによって異なる。そのため、手作業業務の内容も違ってくる」とブライアン氏は語る。

 Symphony Venturesには、手作業業務の自動化を依頼してくる顧客企業がある。その場合、Symphony VenturesはRPA技術を使って、手作業でやるのと同じ手順で業務を自動化する。また一方では、RPA化の前にまず業務プロセスの最適化でサポートを求めてくる顧客企業もあるという。

 「その企業がどのような課題を抱えているかによる」とブライアン氏。RPA化の対象となるのはルールに基づく業務だが、ルールには非常に複雑なものもある。実際、Symphony Venturesがこれまでに手掛けたRPAプロジェクトの中には、RPA化する業務プロセスを理解するのに数カ月を要したものもあるという。

価値実証のための5つのステップ

 ただし移行の流れがどうであれ、ルールの複雑さがどうであれ、RPA化に際しては幾つかの段階を踏み、POVを実施する必要がある。RPA導入時に実行すべき5つのステップを紹介する。

1. 適用範囲の検討

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...