2016年12月08日 15時00分 公開
特集/連載

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)が単なるバズワードではない理由導入の注意点やアドバイスを示す

ビジネス向けITの関係者は常に目新しいキーワードを求めている。彼らが製造業をはじめとして以前から関心の高い「ロボティック」に新たに目を付けた。ユーザーにとって意味のあるキーワードなのだろうか。

[Linda Tucci,TechTarget]

関連キーワード

業務改善 | 勝手クラウド | シャドーIT


ロボットというキーワードは別にしても「自動化」においては、業務を遂行する組織が動く歯車をいかにしてスムーズに回していくかが最終的な目的だ

 いま、IT関連コンサルティングの関係者の間で「ロボティックプロセスオートメーション」(以下、RPA)という言葉が盛り上がっている。RPAに詳しいマーク・タノウィッツによれば、この用語はIT関係者だけでなくビジネスバズワード化しているという。

 「最近は、自動化されたものであれば何にでもロボットという単語を使う。聞こえがいいからだ」とタノウィッツ氏は語る。実際、このキーワードは、工場の作業現場に導入する産業用ロボットからAmazonで商品の値下げを通知してくれるアプリケーションまで、さまざまな技術で採用している。

 だがITコンサルティング企業のPace Harmonでマネージングディレクターを務めるタノウィッツ氏は、RPAを単なるバズワードとして捉えるだけでなく、RPAがもたらすメリットにも注目している。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...