2018年11月05日 05時00分 公開
特集/連載

デジタル変革を進める“カルチャーハック”10のポイント「意思決定は全て48時間以内にする」をルール化など

「文化はデジタルトランスフォーメーションの障害になることがある。その場合、文化を変える“カルチャーハック”を実践するのはCIOの仕事だ」。Gartnerのアナリストはそう語る。

[Brian Holak,TechTarget]

関連キーワード

CIO | Gartner | IT戦略 | 経営


photo

 「最高情報責任者(CIO)が人事担当役員のように、企業文化の変革において大きな役割を担う」。そんな状況を想像してみよう。遠からぬ将来、それは現実のものとなるだろう。Gartnerの最上級バイスプレジデント兼アナリスト、クリスティン・モイヤー氏は語る。

 Gartnerによると、CIOは2021年までに最高人事責任者のように、文化の変革に責任を持つようになる。では、CIOはその責任をどのように果たすのだろうか。

 100ページのスライドを使ってプレゼンテーションをしたり、大演説をしたりしても変革はできないと、モイヤー氏は語る。CIOのすることは長時間の会議を何度も開き、企業文化の変革に向けた壮大な計画を作ることでもない。

 CIOの切り札は、“カルチャーハック”だ。それはシンプルで小さなことだが、企業文化の変革に大きな効果を発揮し、その過程でデジタル戦略を実現する。

 「カルチャーハックは、“ハッキング”のようにシステムの脆弱(ぜいじゃく)なポイントを見つけて、そこからシステムに不正に侵入することではない。だがそれに近いところがある。文化の脆弱なポイントを発見し、そこを改善して、その変化を定着させることがカルチャーハックだ」モイヤー氏は、2018年10月に開催されたGartner Symposium/ITxpo 2018で行った開幕基調講演の中でそう語った。

 文化を変えるのは難しい。GartnerがインタビューしたCIOは、文化がデジタルビジネスの可能性を引き出す妨げになる最大の障害の1つだとの見方を示したという。

 カルチャーハックは、簡単に文化を変えられるように考案されていると、モイヤー氏は説明する。CIOが慣れている、大規模で困難な長期プロジェクトとは異なり、カルチャーハックは、48時間以内に実行できるよう設計されている。また感情に働き掛け、即効性があり、目に付きやすい。モイヤー氏はこれらの特徴のおかげで、カルチャーハックは成功しやすいとしている。

10のカルチャーハック:組織変革を目指すCIOの強い味方

 モイヤー氏は、Gartner Symposium/ITxpo 2018に集まったIT担当者に、10のカルチャーハックを紹介した。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...