2018年11月01日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Azureとは異なる思惑Google「Cloud Services Platform」はオンプレミス市場に受け入れられるか

Googleがコンテナやマイクロサービスを中心にしたハイブリッドクラウド戦略に重点を置いている。新たに打ち出したCloud Services Platformでパブリッククラウドベンダーとしてのサービスをユーザーの拠点まで拡張する。

[Trevor Jones,TechTarget]
画像

 Googleがクラウド環境の枠を超えて、プライベートデータセンターなどユーザーの拠点に対する戦略を強めている。

 Googleは2018年の後半に「Cloud Services Platform」のアーリープレビュー(事前公開)を計画している。Cloud Services Platformで、Googleはコンテナ技術やマイクロサービス技術を用いる範囲を「Google Cloud Platform」(GCP)の上だけでなくユーザーのサーバやエッジデバイスの環境まで拡張する。企業のハイブリッドクラウドのニーズに対応するためだ。これによりGoogleが目指しているのは、クラウドかオンプレミスかに関係なく、いずれの環境においてもユーザーがアプリケーションの開発や管理ができる一貫したエンド・ツー・エンドのアーキテクチャを構築することだ。

 さらにGoogleは、Kubernetes管理ツール「Google Kubernetes Engine」(GKE)や、マイクロサービス管理ツールの「Istio」「Stackdriver」を含め、既存のサービスやオープンソースのソフトウェアをCloud Services Platformに巻き込むことも目指している。

新たなプラットフォームの概要

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。