2017年10月17日 05時00分 公開
特集/連載

無料から有償まで“なんちゃってOffice”ではない、「Microsoft Office」代替製品の奥深い世界

「Microsoft Office」から代替製品への切り替えは、特注品から中古品への格下げのように思えるかもしれないが、必ずしもそうとは限らない。

[Kelly M. Stewart,TechTarget]

 「Microsoft Office」は、大半の企業にとって有益な一連のツールを提供している。しかし、Microsoft Officeの代替製品を利用することでメリットを得られる企業や状況もある。ユーザーが実際に必要としているツールは、スイート(一連のツール)全てではなく、1つのツールだけの場合もある。さらに、組織は代替製品を選択することで必要コストを削減できるからだ。代替のスイートの方が組織のニーズに合っていることもある。または、多くのユーザーがモバイルデバイスに頼っている組織においては、Microsoftのツールが単純にうまく機能しない場合もあるだろう。どのような理由でOfficeソフトから代替製品に切り替えたいにせよ、その方法は存在する。

 「Microsoft Word」または「Microsoft Excel」、Microsoftモバイルアプリケーション、Microsoftのスイート全体のいずれを置き換える場合であっても、IT担当者が導入可能な代替製品は存在する。IT担当者がどの代替製品を選択するにせよ、その導入を決定する前に、全ての関連情報を入手することが非常に重要だ。

パッケージ全体を検討しよう

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

企業の枠を超えてユーザー企業やパートナー企業がつながることの価値――ボストンで「INBOUND」を体験して
本連載では3回にわたり、HubSpotのカルチャーやインバウンドマーケティングの考えなどに...

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...