2017年07月13日 05時00分 公開
特集/連載

脱「Microsoft Word」なら検討したい、現実的な3つの代替ソフトウェア企業で使えるワープロ製品

ワードプロセッサ用のアプリケーションといえば「Microsoft Word」がいまだに主流かもしれない。だが、組織でも利用できる堅実な代替製品は存在する。

[Brien PoseyTechTarget]
「LibreOffice」のワープロ製品「LibreOffice Writer」《クリックで拡大》

 誰にでも合う靴が存在しないのと同じように、「Microsoft Word」がどんな組織にも適しているとは限らない。新しいものを試してみたい企業にとって、選択肢は他にもある。

 Microsoft Wordがエンタープライズ市場を独占していることに驚きはない。編集履歴の追跡からレガシー互換モード、「Microsoft Outlook」の電子メールとの連携に至るまで、その機能を打ち負かすのは難しい。Wordを使うことに明らかな利点があるのは確かだが、別のものを求める、あるいは必要とする組織にとって現実的なMicrosoft Wordの代替は存在する。安全圏から踏み出すに当たり、以下3種類のワープロ製品を紹介する。

LibreOffice

ITmedia マーケティング新着記事

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news196.jpg

アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュ...