2017年07月13日 05時00分 UPDATE
特集/連載

企業で使えるワープロ製品脱「Microsoft Word」なら検討したい、現実的な3つの代替ソフトウェア

ワードプロセッサ用のアプリケーションといえば「Microsoft Word」がいまだに主流かもしれない。だが、組織でも利用できる堅実な代替製品は存在する。

[Brien Posey,TechTarget]
「LibreOffice」のワープロ製品「LibreOffice Writer」《クリックで拡大》

 誰にでも合う靴が存在しないのと同じように、「Microsoft Word」がどんな組織にも適しているとは限らない。新しいものを試してみたい企業にとって、選択肢は他にもある。

 Microsoft Wordがエンタープライズ市場を独占していることに驚きはない。編集履歴の追跡からレガシー互換モード、「Microsoft Outlook」の電子メールとの連携に至るまで、その機能を打ち負かすのは難しい。Wordを使うことに明らかな利点があるのは確かだが、別のものを求める、あるいは必要とする組織にとって現実的なMicrosoft Wordの代替は存在する。安全圏から踏み出すに当たり、以下3種類のワープロ製品を紹介する。

LibreOffice

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...