2017年11月28日 09時00分 公開
特集/連載

Lightsailに向く用途/向かない用途AWSのVPS「Amazon Lightsail」と仮想マシン「Amazon EC2」を価格と機能で比較

「Amazon Lightsail」と「Amazon EC2」のそれぞれのインスタンスを比べるため、双方の使いやすさ、管理のオプション、価格体系を評価する。特にデータ転送コストには注意が必要だ。

[George Lawton,TechTarget]

 「Amazon Web Services」(AWS)は2016年後半に「Amazon Lightsail」という仮想プライベートサーバ(VPS)のサービスをリリースした。このサービスはAWSインフラを基盤に構築され、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、DNS、セキュリティなどの各種クラウドサービスを統合する。目的は、ビジネス規模の大小を問わず、新たなWebサイトの迅速な立ち上げを容易にすることだ。Lightsailは料金体系も分かりやすい。

 AWSはパブリッククラウド市場で最大のシェアを誇る。だが、シンプルなWebサーバ機能では、DigitalOceanのような小規模競合企業が静かに市場に浸透し始めている。Lightsailはこうした競合企業と同等の構成モデルをAWSに取り込み、さらに多くの機能を追加する企業に移行の道筋を示すものだ。

 Lightsailの各インスタンスには、さまざまなサービスのパッケージが含まれる。コンピューティング用の「Amazon EC2」(Elastic Compute Cloud)、ストレージ用の「Amazon EBS」(Elastic Block Stor)、DNSクエリ用の「Route 53」、セキュアな管理用のSSL(Secure Sockets Layer)暗号化などがその例だ。

 Lightsailの価格は各コンポーネントと同程度に設定されている。ただ、コンポーネントによっては、はるかに安価な設定になっているものもある。例えばLightsailとEC2を比べてみると、Lightsailインスタンスにはインターネットデータ転送の許容量が1〜5TB含まれているのに対し、EC2では1TB当たり90ドル課金される点が大きく異なる。

構成はシンプルに保つ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...