2018年10月04日 05時00分 公開
特集/連載

機能更新プログラムの影響を抑えるWindows 10の更新にかかる時間を短くする方法

Windows 10の更新は必要だ。更新により新機能が加わってセキュリティが向上する半面、PCのダウンタイムが発生する。更新によるユーザーへの悪影響は、IT部門が抑えることができる。

[Gary Olsen,TechTarget]
photo

 Windows 10にアップグレードしたOSの更新を怠ると、ハードウェアやソフトウェアの不具合が発生することがあり、加えて、組織はサイバー攻撃に対して脆弱(ぜいじゃく)な状態となる。

 Windows 10では「Windows as a Service(WaaS:サービスとしてのWindows)」という更新モデルが導入され、更新はこれまで以上に重要性を増している。WaaSでは、Microsoftが数年ごとに新しいOSをリリースするのではなく、継続的にWindows 10を更新する。

 WaaSをフル活用することで、IT部門はWindows 10の更新に関連した問題を回避できる。しかし常に最新の状態に保つことはそれほど簡単ではない。

品質更新プログラムと機能更新プログラム

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。