TechTargetジャパン

レポート
原因はどこにあったのか? 認証局ハッキング事件の全貌
 Webサイトの信頼性を確認するための方法として広く普及しているSSLサーバ証明書。その信頼性を担保する認証局は攻撃対象として狙われることがある。実際、2011年から2012年にかけて、認証局を標的としたハッキング事件が立て続けに発生し、インターネットの安全な利用を...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「IoTハッキング」事例研究:市販の防犯機器への調査で分かった10の脆弱性
 導入後にセキュリティパッチを適用できないデバイスが、これまでにないペースでネットワークに追加されている。それがIoTデバイスだ。2016年にマルウェア「Mirai」によって引き起こされた大規模なDDoS攻撃は、このようなIoTデバイスが攻撃者に悪用された場合の危険性を...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方
 「Salesforce.com」「Office 365」「Box」といったクラウドアプリケーションの企業導入は、爆発的に広がっている。しかし、ほとんどのIT部門がビジネスメリットを考慮してクラウドベースのアプリケーションを評価および選択するのに対して、セキュリティやパフォーマン...(2017/6/5 提供:株式会社シマンテック)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
データが語る9つのセキュリティ脅威、グローバルな業種別傾向とその対策
 セキュリティ脅威となる攻撃の手法は年々変化、巧妙化しており、企業はその対策になかなか効果的な対策が打てないでいる。だが、無限に存在するかのように思えるセキュリティの脅威だが、過去10年間、10万件のインシデントデータによると、その92%が9種類の基本的なパ...(2014/10/16 提供:ベライゾンジャパン合同会社)

レポート
データが語る9つのセキュリティ脅威、そのグローバルな傾向と対策
 セキュリティ脅威となる攻撃の手法は年々変化、巧妙化しており、企業はその対策になかなか効果的な対策が打てないでいる。だが、無限に存在するかのように思えるセキュリティの脅威だが、過去10年間、10万件のインシデントデータによると、その92%が9種類の基本的なパ...(2014/8/22 提供:ベライゾンジャパン合同会社)

レポート
8カ国調査で分かった「深刻なセキュリティ人材不足」 打開策を4つの側面で考える
 サイバー攻撃が多発する現在、世界規模で深刻なセキュリティ人材不足が叫ばれている。50年にわたって活動する非営利団体、戦略国際問題研究所の調査によると、調査対象とした8カ国(オーストラリア、フランス、ドイツ、イスラエル、日本、メキシコ、英国、米国)がスキ...(2016/12/7 提供:Intel Security)

レポート
原因はどこにあったのか? 認証局ハッキング事件の全貌
 ウェブサイトの信頼性を確認するための方法として広く普及しているSSLサーバ証明書。その信頼性を担保する認証局は攻撃対象として狙われることがある。実際、2011年から2012年にかけて、認証局を標的としたハッキング事件が立て続けに発生し、インターネットの安全な利...(2014/1/7 提供:日本ベリサイン株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
巧妙化するソーシャルメディア詐欺から身を守る方法
 不特定多数にメッセージを送信し、個人情報や重要情報を盗み出して悪用するオンライン詐欺の報告が増えている。その手口としても、従来のメールを用いたフィッシングに加え、ソーシャルメディアを悪用するものが増えてきた。 特に目立つのはFacebookやTwitterの投稿か...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

比較資料
その対策は間違っている──グラフで理解する“正しい”多層防御セキュリティ
 セキュリティ対策は、ハードウェアやクラウドサービスなどの導入とは異なり、処理能力向上や経費削減といった形で費用対効果を把握することが難しい。そのため、ランサムウェアなどのセキュリティリスクが大きく報じされている昨今でも、「取りあえず入れておけばいい」...(2017/7/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
最小限の予算で最大限の安全を確保するセキュリティソリューションとは?
 サイバー攻撃が巧妙化、多様化する中で、Webサイトを守るためのセキュリティ対策は企業にとって重要課題の1つだ。脆弱(ぜいじゃく)性を利用したマルウェアが感染すれば、サイト改ざんや個人情報の流出など、致命的なダメージを受ける。対策が遅れれば遅れるほど危険性...(2017/7/20 提供:GMOクラウド株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月5日号:CIOが果たすべき3つの役割
 Computer Weekly日本語版 7月5日号は、以下の記事で構成されています。■世界に広がる安全対策プロジェクト、きっかけは軽井沢スキーバス転落事故■リアル店舗強化中のトイザらス、iPad導入で販売数400%増■HPEのCTOに聞くメモリ主導型コンピュータ「The Machine」の...(2017/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
13億のメール・2万のクラウドアプリを徹底分析:シャドーデータの脅威の現状
 クラウドアプリケーションおよびサービスは、かつてないレベルのコラボレーションや業務支援を実現している。同時に、従業員や事業部門が導入しているIT部門が承認していないSaaSアプリケーション、いわゆる「シャドーIT」のリスクは無視できない。シャドーITにたまる「...(2017/6/1 提供:株式会社シマンテック)

プレミアムコンテンツ
組み込み開発の視点で見る、「IoTと組み込みセキュリティ」その概念と実装
 「Internet of Things」(IoT)はすっかり時代を象徴する言葉となった。IoTはサービス化されたインフラやプラットフォームを組み合わせることで、小さな投資で大きな効果を得られる、いわば「美しい物語」の立役者であるが、ITやICTといった技術に強く依存するためイン...(2017/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
セキュリティ調査レポート:「シャドーIT」がクラウド導入に与える影響は?
 近年、企業が採用するクラウドサービスには、さまざまな形態や規模が存在する。いずれもコスト削減や柔軟な組織運用を可能にするものだが、このような技術の変化は、セキュリティ対策の負担も増加させている。中でも深刻な問題となっているのが「シャドーIT」だ。 セキ...(2017/6/30 提供:マカフィー株式会社)

事例
住友重機械工業が海外工場のウイルス感染を未然に防げたわけ
 企業や官公庁を狙う標的型攻撃は、セキュリティ製品をかいくぐる巧妙な手口を次々に編み出している。これまでの対策だけでは、その数や量を増やし、防御を厚くしたとしても、十分ではない。 攻撃者は、既存の検知技術ではグレーゾーンとして見逃す部分を悪用している。(2017/6/7 提供:株式会社シマンテック)

レポート
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている?
 仮想化技術やクラウドサービスの導入が進んだ現在、可用性の重要性は以前にも増して大きくなっている。それはバックアップや災害復旧(DR)計画などへの要求が高まったことだけではなく、アプリケーションの大半がミッションクリティカル、ビジネスクリティカルなものへ...(2017/6/5 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

製品資料
ランサムウェア攻撃はなぜ成功するのか? 手口の分析から見えた9つの対策
 2017年5月12日から世界中で猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」は、非常に強い感染力を持ち、国内でも多数の被害を出した。このようなランサムウェア攻撃が成功する背景には、企業のセキュリティを潜り抜けるテクニックを、技術力の低い攻撃者に販売するサービス...(2017/6/2 提供:ソフォス株式会社)

レポート
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査
 爆発的な普及が予測される「IoT(モノのインターネット)」技術。幅広い業種で活用が見込まれているが、中でも製造業では以前からマシンデータを収集・分析してきており、IoTへの取り組みが活発だ。 既に設備状況を把握することで品質や歩留まりの向上につなげたり、納...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
ワークスタイル多様化に向けたセキュリティ対策――リスク管理の5つの鉄則
 近年はワークスタイルの多様化に向けて、場所やデバイス、使われるネットワークを問わずに業務ができる環境へのニーズが高まっている。しかし、使いやすさと生産性を保ちながらビジネスリスクを最小化することは難しく、多くのセキュリティ担当者がID管理やアクセス制御...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
「MarTech」急拡大が生み出す4つの課題――顧客維持に向けたデータ活用戦略は?
 マーケティング活動にデジタル技術を取り入れるマーケティングテクノロジー(MarTech)分野が急成長している。2011年に世界で150種類しかなかったMarTechは、2016年にはおよそ3800種類と25倍に急増した。 一方で、この急増が課題も生んでいる。今や企業1社当たりのMarT...(2017/5/12 提供:Tealium Japan株式会社)

レポート
ランサムウェアに身代金を支払ってしまった病院、対策に“正解”はあるのか?
 ある調査に寄ると、身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害を多く受けているのは医療サービスと金融サービスだという。医療機関がランサムウェアの被害を受けた場合、システムの停止は患者の生命に直結する。「ランサムウェアには身代金を支払わない」が理想の...(2017/5/11 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Wi-Fi導入で失敗するよくある「9つの誤解」
 現在、大部分の大学でWi-Fiが利用できるが、大学のような教育機関にとってWi-Fiは比較的新しい技術だ。この技術は10年以上前から存在するが、大学がWi-Fiを確実に導入できる予算を持つようになったのは数年前のことだ。それまではセキュリティや教育上の理由で導入を見...(2017/4/17 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
セキュリティ専門家が震え上がったIoTマルウェア「Mirai」の正体
 ネットワークを介したモノ同士のつながりから、新たな価値を得ようとする「モノのインターネット」(IoT)。一部の製造業が先行していたIoTの取り組みは、その裾野を急速に拡大。今や業種や規模を問わず、さまざまな企業でIoTの可能性を追求する動きが活発化している。(2017/3/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「IoTセキュリティが大切な理由」を「天気予報の大切さ」で考える
 「Internet of Things」と表現してしまうと少し未来の仕組みや出来事のように思えてしまうが、既にIoTそのものあるいは類似する仕組みが存在し、日常生活に溶け込んでいる。レーダー情報の収集と解析、予想という「天気予報」もIoTに類似した仕組みといえるものだ。 で...(2017/4/14 提供:KDDI株式会社)

Loading