10代のハッカーが「Uber」を攻撃した“まさかの目的”未成年ハッカーによる犯罪【前編】

Uberはサイバー攻撃を受け、複数の重要システムをオフラインにせざるを得なかったことを公表した。攻撃の犯人は10代と見られている。何を目的として攻撃したのか。

2022年11月09日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 2022年9月19日(現地時間)、ライドシェアサービス「Uber」やフードデリバリーサービス「Uber Eats」を提供するUber Technologies(以下、Uber)は、同社が受けたサイバー攻撃について公式ブログで報告した。この攻撃の影響で、同社は複数の重要システムをオフラインにすることを余儀なくされた。この攻撃を実行したのは、10代のハッカーだと見られている。

「10代のハッカー」がUberを攻撃した理由

 米紙「New York Times」は2022年9月15日、Uberがサイバー攻撃を受けた件についていち早く報道した。同紙によると、攻撃の犯人だと主張する人物が、Uberのシステムを侵害した証拠となるスクリーンショットを、同紙やセキュリティ研究者へ共有し、これをきっかけに事件が明るみに出たという。犯人は自身について、年齢は18歳で、ハッキングの腕試しをしていると説明している他、Uberのドライバーの給料を上げたいと主張している。

 Uberのコミュニケーションチームは2022年9月16日(英国時間)、情報漏えいがあった旨を認める次のような内容を短文投稿サイト「Twitter」に投稿している。「当社は現在サイバーセキュリティインシデントに対処し、法執行機関と連絡を取り合っている」

 NFT(非代替性トークン)コレクションを手掛けるYuga Labsでセキュリティエンジニアを務めるサム・カリー氏は、今回の攻撃の犯人から連絡を受けた人物の一人だ。カリー氏はNew York Timesに対し、今回の攻撃について「攻撃の犯人はUberのほぼ全てのシステムにアクセスしたようだ」と述べている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...