プログラミング言語「Go」で書かれたマルウェアはなぜ攻撃者に人気なのかNASAの画像を悪用したサイバー攻撃【前編】

NASAの宇宙望遠鏡が撮影した画像を悪用したサイバー攻撃が発見された。この攻撃は、攻撃グループの間で人気の広がるプログラミング言語「Go」を使用していた。攻撃の手法と、「Go」が人気の理由とは。

2022年11月02日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 セキュリティベンダーSecuronixは公式ブログで、NASA(米航空宇宙局)のジェームズ・ウェッブ望遠鏡が撮影した画像を悪用するサイバー攻撃について解説した。この攻撃で使用されるマルウェアは、攻撃者の間で使用が広がっているというプログラミング言語「Go」で書かれていた。

プログラミング言語「Go」を利用した攻撃とは

 Goで作成されたマルウェアは、次の理由からサイバー攻撃者の間で人気が広がっているという。

  • 他のプログラミング言語「C++」や「C#」と比較して、バイナリデータ(2進数で表現されたデータ)の解析やリバースエンジニアリングが困難な点
  • クロスプラットフォーム(OS非依存)の特性があるため、一度に複数の異なるシステムを標的にしやすい点

 中国を拠点とする攻撃グループMustang PandaのようなAPT攻撃(高度標的型攻撃)グループは、Goを好んで使用している。

 Securonixのアナリストであるデン・ルズビック氏、ティム・ペック氏、オレグ・コレスニコフ氏は同社の公式ブログで、NASAの画像を悪用した攻撃を「GO#WEBBFUSCATOR」と呼ぶ。この攻撃に使用されたJPEG画像は、ジェームズ・ウェッブ望遠鏡が撮影した写真「Webb's First Deep Field」だ。この写真は、光を波長ごとに分光することで人間の目では見えない現象を可視化するハイパースペクトルカメラを用いて撮影した。銀河団「SMACS 0723」を鮮明に映している。

 攻撃者は具体的にどのような手法を用いたのか。まず、オフィスアプリケーション「Microsoft Office」のファイルをフィッシングメールに添付して拡散させる。この添付ファイルのメタデータ(データそのものの付帯情報)には、Microsoftのスクリプト言語「Visual Basic Scripting Edition」(VBScript)のプログラムを含む、悪意あるファイルをダウンロードする外部参照機能が含まれている。攻撃を受けたユーザーがマクロ機能を有効にするとコード実行がスタートする。

 コードが実行されると、標的のPCはJPEG形式の画像をダウンロードする。この画像はコマンドラインプログラム「certutil.exe」を使いバイナリデータに変換され、マルウェアそのものに変化する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...