GIGABYTE製マザーボードに見つかった“バックドア的な動作”とは何だったのかGIGABYTE製品への懸念に見る「環境寄生型」(LotL)攻撃の脅威【前編】

セキュリティベンダーEclypsiumが、GIGABYTE製マザーボードのファームウェア更新ツールに見つけたという「攻撃者がバックドアとして悪用し得る動作」とは何だったのか。Eclypsiumが指摘した内容を整理しよう。

2023年08月13日 09時00分 公開
[Alexander CulafiTechTarget]

 PC用マザーボードベンダーGIGA-BYTE Technology(GIGABYTEの名称で事業展開)の製品に、懸念すべき動作がある――。2023年5月、セキュリティベンダーEclypsiumは同社公式ブログで、こう明らかにした。Eclypsiumは、GIGABYTEのマザーボード用ファームウェア更新ツール「APP Center」に、攻撃者がバックドア(不正侵入の入り口)として悪用し得る動作を見つけたという。どのような動作が、バックドア化につながるというのか。

何が“バックドア的な動作”なのか?

 Eclypsiumによると、APP CenterはPCの起動プロセス中に、MicrosoftのクライアントOS「Windows」の一部プログラムをディスクに格納して実行する。APP Centerはこのプログラムを利用し、GIGABYTEが指定したURLからファームウェア更新用の追加プログラム(ペイロード)をダウンロードして、実行する仕組みだという。

 APP Centerによる、このペイロードのダウンロードや実行の方法を、攻撃者がバックドアとして悪用する可能性があるとEclypsiumはみる。具体的にはこうしたAPP Centerの動作を攻撃者が悪用し、

  • 通信に割り込んで通信内容を変更する「中間者攻撃」(MITM)
  • DNS(ドメインネームシステム)の情報を改ざんして偽のURLに誘導する「DNSキャッシュポイズニング」

によって標的のPCと悪意のあるサーバとの通信を確立させることで、標的のPCを侵害する可能性があると同社は指摘する。

 GIGABYTE製マザーボードは広く普及しており、Eclypsiumが今回示した懸念の影響を受けるマザーボードのモデルは複数ある。EclypsiumはGIGABYTEと協力して、APP Centerに見つかった懸念に対処し、影響を軽減するために取り組んでいるという。


 EclypsiumがAPP Centerの動作に懸念を示したのは、既存の正規リソースを流用して仕掛ける「環境寄生型」(LotL:Living off the Land)攻撃が広がっていることが背景にある。次回は、Eclypsiumが懸念するLotL攻撃の実態を整理する。

関連キーワード

脆弱性対策 | 脆弱性


TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...