TechTargetジャパン

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「インターネット分離」で、業務効率とセキュリティを両立する前提条件とは?
 特定組織を狙った標的型攻撃がもたらす被害は情報漏えいだけではなく、社会的信頼の失墜や復旧のための時間/コストの負担など幅広い。大規模組織を中心に、国内でも標的型攻撃の被害が広く報道され続けており、その危険性の認識はあらためて説明するまでもないだろう。(2016/8/10 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
デスクトップ仮想化のメリットを最大化する「6つの選定ポイント」
 企業が成長戦略の一環として、ワークスタイルの多様化を進めるようになり、いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでもアクセスできる業務環境が求められるようになった。この環境を実現する手段として広く利用されているのがデスクトップ仮想化だ。 デスクトップ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号をご紹介。 特集記事では、USB...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年7月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年7月号をご紹介。 特集記事では、「太...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
マイナンバー対策を再点検、安全管理措置の技術的4条件は満たせている?
 マイナンバーを含む特定個人情報を管理する上で、企業は「利用制限」「安全管理措置」「提供制限」の3原則を知っておかなければならない。これらを遵守しなかった場合、その企業は罰則を受ける場合があるからだ。 その中の安全管理措置に関しては、事業者向けのガイド...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

事例
どうする省エネ規制!?中小企業の悩める担当者を救う“武器としてのIT”
 日本政府は2030年時点でCO2などの地球温暖化につながるガスの排出量を、2013年比で26%削減するという目標を掲げている。この高い目標の達成に向け、産業・民生・運輸の各分野で今後さらに省エネ規制の強化が進む見通しだ。最近では従来製造業向けの省エネ規制だった「...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

レポート
フラッシュストレージ「3PARシリーズ」はどれだけ役立つのか、7つの切り口で性能検証
 フラッシュ向けのストレージアレイを提供しているベンダーには、フラッシュに特化した製品のみを販売しているところもあれば、新興ベンダーを買収して製品ラインアップに加えているところもある。同じ製品でもベンダーによって価格差がある場合もあり、何をポイントに選...(2016/4/27 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
若手エンジニアに贈る「組み込み業界の常識・非常識」【前編】
 本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第1〜5回までを「Part1」としてまとめてお届けする。・第 1 回:どんな組み込みエンジニアになりたいですか?・第 2 回:...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
これからのストレージに求められる、上位5つの選定基準とは?
 IDCの調査によると、国内市場ではシステム価格500万円〜3000万円未満の「ミッドレンジストレージ」市場が最も成長しているセグメントとなっている。一方で、仮想化環境の導入が進んだことで、ストレージ管理の新たな課題も生まれている。今回の調査では、上位に、「デー...(2016/1/12 提供:株式会社日立製作所)

レポート
データベース統合の実現に、ネットワークサーバとハイブリッドストレージの垂直統合という選択
 従来、ITシステムでは業務、地域、部署ごとにDBを設置していたため、新規導入や更新に際してサーバ、ストレージ、ネットワーク、OS、DBのシステム設計コストなどの費用が発生してきた。また、運用面でも電気代、設置場所、資産管理などの費用が発生する。DBを統合すれば...(2016/1/12 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
Arduinoで電子工作をはじめよう!全12回連載まとめ
 「アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう」の全連載12回をまとめ読み!【目次】 (1) お手軽モノづくり体験 ――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう! (2) 親子で楽しむ夏休み自由研究 ――2つのLEDで「アニメシアター」を作ろう! (3) 厳しい残暑を「熱中...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
今注目のITキーワード「SDS」の正体を探る
 「ハイパーコンバージドストレージ」と「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS:Software-Defined Storage)と呼ばれる新しいキーワードが注目されている。中でも、SDSはエンタープライズストレージ業界で今最もホットなテクノロジーの1つだ。米VMwareから米IBMまで、さま...(2015/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
共有サーバのデータを毎日保護することはできない? 簡単な方法あります
 ファイルサーバは手軽にファイル共有できる利便性がある一方で、容量が一杯になると必要なファイルが消されてしまったり、ファイルの世代管理や検索性においても課題がある。一般的にファイルの世代管理はスナップショット機能を使うことが多いが、データは複製せず、取...(2015/11/24 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
“商用版”OpenStackを利用するメリット、企業導入ではそうすべき理由
 「OpenStack」はオープンソースプロジェクトのコミュニティーで自由にコードをダウンロードし、無料で利用が可能だ。しかしコミュニティー版のOpenStackを自社でインストールして保守を継続していくには、数々の技術に精通したエンジニアを確保する必要がある。つまり...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

レポート
日本にはなぜ浸透しない? 企業でモバイルワークを成功させるための7カ条
 これまで日本企業ではオフィスに出社してフルタイムで働くことが当たり前だった。だが、出産や育児を機に離職をする女性が多い日本において、時短労働や職場外労働がもっと浸透すれば、働き続けることができる女性が増えるのではないか。また、今後予測されている介護離...(2015/11/26 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
MRJの機体設計においてシミュレーションはどう活用されたのか
 設計におけるさまざまな場面でコンピュータ・シミュレーションが活用されているが、中でも最先端のシミュレーション技術が活用される分野の一つが航空機設計だ。三菱航空機の小型旅客機「MRJ(MitsubishiRegional Jet)」の機体設計にも、東北大学との協力により開発さ...(2015/11/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ユニクロ、日立、日産も導入。人事部門がグローバル経営を支える戦略部門に生まれ変わるシステムとは?
 グローバル企業は世界各地で採用活動を実施している。そこで行われる人材配置は採用した地域に固定するものではなく、ボーダーレスに再配置することが前提になっている。また市場や経営の環境は常に流動的であり、戦略変更に伴う組織改編がさまざまな規模で頻繁に実行さ...(2015/10/15 提供:ワークデイ株式会社)

講演資料
グローバル案件で活躍する現場マネジャーが語る「ストレージのOpenStack適用の勘所」
 ストレージやサーバ、ネットワークをソフトウェアで仮想化し、統一的に制御可能とすることで、ユーザーのさまざまな要求へ迅速に対応可能な、ビジネス機会を逃さないIT環境を実現できる。 こうしたITインフラ全体を統一的に制御可能とするSDI(Software-Defined Infras...(2015/9/28 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
データバックアップのススメ、「3つの復旧パターン」
 業務データの保護はビジネス上の重要な課題である。ハードウェアやソフトの障害、人的ミス、ウイルスなどでデータを損失した場合、業務停止だけでなく、結果として利益損失、信用や競争力の低下など大きな影響を及ぼす。こうしたデータ損失を防ぐために最も基本的かつ必...(2015/9/28 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
協力会社や取引先に重要情報を渡さないと仕事にならないケースで、万が一漏えいしたら機密回収は可能か?
 機密性の高い情報を取引先とやりとりする際、機密保持契約を結び、また海外も含めて従業員には厳しいルールを課すことが通例だ。しかしどんな取り決めがあっても、一度社外に送られた情報が適正に処理されているかどうかを確かめることは困難だ。一般的な送付時のパスワ...(2015/9/11 提供:株式会社日立ソリューションズ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
7つのケースで解説:Citrix XenApp 選択のポイント
 近年、ユーザーが場所や時間に制約されることなく、業務に最適な機器でシステム接続する手段としてデスクトップ仮想化が注目を集めている。 本ホワイトペーパーは、セッションベースのデスクトップ仮想化テクノロジーとして、「Citrix XenAppをどのような場合に選択す...(2015/8/27 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
毎日データ保護、ファイルの「消えた・違う・見つからない」がなくなる
 日々の業務の中で発生する、さまざまなファイル管理に関する課題を抱えている組織は多い。組織単位での運用ルールで対応しているケースもあるが、根本的な解決策とはならない。 こうした場合、自動でデータ保護をするクラウドサービスの導入は、解決策の1つとなり得る...(2015/8/21 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
ディスク容量の重複排除率89% 重複排除バックアップを選ぶ「3つの理由」とは
 クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータと、新しいビジネス要求に対応するための新たなインフラ導入が進んでいるが、データ量の増大は近年のITシステム運用の大きな課題だ。また、データのバックアップや災害対策はますます重要となっている。 本資料では、重複...(2015/8/21 提供:株式会社日立製作所)

比較資料
OpenStack環境のストレージ 選定ポイント
 OpenStack環境のインフラとしてストレージに着目し、製品選定のポイントを紹介する。最終ゴールは、OpenStackを導入する際のストレージ製品の選定ポイントを明確化することである。第1章ではOpenStackのストレージ関連コンポーネントについて、第2章では各ストレージベ...(2015/8/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
約8万ユーザーが使うデスクトップ仮想化環境、構築の変遷をたどる
 デスクトップ仮想化の市場が活性化している。2012年の法人向けクライアント端末における仮想化導入率は20.2%、2016年には40.4%まで到達するという予測データもある。そんな中で日立製作所は、セキュリティPC(シンクライアント)の自社導入プロジェクトを2004年に立ち...(2015/7/27 提供:株式会社日立製作所)

事例
時間当たり生産性を高める、日立グループが取り組む「フレキシブルワーク」とは
 ワークスタイル変革とは、時間や場所にとらわれない仕事の作業環境を構築し、フレキシブルな働き方を可能にすることで、労働効率を高めることを指す。そうして将来の労働人口の減少に対応し、競争力を維持していくのである。その意味で、VDIの導入は、在宅ワークなどオ...(2015/7/10 提供:株式会社日立製作所)

Webキャスト
VDI導入を諦めない 「VDI+シンクライアント」を低コスト導入するアイデア
 デスクトップ仮想化(VDI)の導入は、社内ITの利用を自席から開放する、端末にデータを残さず安全に利用できる、端末故障時の業務停止と復旧の手間を解消するといった、さまざまなメリットがある。しかし、導入に当たってはやはり「コスト」という大きな壁がある。 一...(2015/7/27 提供:株式会社日立製作所)

Loading