TechTargetジャパン

レポート
「第1回 AI・人工知能 EXPO 」展示会レポート
ディープラーニングや機械学習、ニューラルネットワーク、AIアプリケーションなど、AIに関する最新の技術が集まる専門展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが...(2017/10/5 提供:株式会社アペルザ)

その他
インダストリー4.0・IoT 第4次産業革命は 次のステージへ 〜見えてきた未来への道筋〜
ものづくりを応援する業界紙「オートメーション新聞」がお送りする、第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第三弾のダイジェスト版。今回は「見えてきた未来への道筋」と題し、ファナックの主導するField System、安川電機の考えるインダストリー4...(2017/10/19 提供:株式会社アペルザ)

プレミアムコンテンツ
プロジェクトを成功させるモデリングの極意(完全版)
 「コード中心からモデル中心の開発へ」などといった文言があるように、モデリングはソフトウェア設計を行うために必要不可欠な技術として注目され、さまざまな開発現場で実践されています。 ですが、手法やそのツールを知っていても、モデリングがうまくできず、分かり...(2017/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展」展示会レポート
「食の未来への羅針盤。」をテーマに、最新の食品機械・装置および関連機器や最先端テクノロジーが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回...(2017/9/21 提供:株式会社アペルザ)

レポート
「第6回IoT/M2M展」「第8回クラウドコンピューティングEXPO 春」展示会レポート
IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサーなど、さまざまなアプリケーションや、クラウドコンピューティングに関する製品、サービスが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加でき...(2017/9/12 提供:株式会社アペルザ)

レポート
“クラウド3巨人”のサービスだけではダメ? IoTビジネスを成功させるヒント
 全ての機器をIoT(モノのインターネット)によって制御する時代が来ようとしている。IoTが現実のものとなりつつある今、多様で複雑性に富む「モノ」の分野には、温度などを測定するセンサーや、メッセージなどを送信できるCPU、Bluetoothなどのプロトコル経由で通信でき...(2017/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
WannaCryが明らかにした、生産システムセキュリティ「2つの問題点」と「2つの対応策」
 2017年5月に発生して約150カ国に広がり、国内でも複数の企業で感染が確認されたランサムウェア「WannaCry」については、テレビや新聞といったマスメディアで度々報じられたこともあり、ご存じの方も多いことでしょう。とはいえ、モノ作りの現場からは縁遠い話だと感じて...(2017/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

事例
IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る
 世界中の企業で「モノのインターネット(IoT)」の活用が進んでいる。ソフトウェアやセンサー、IPに対応した接続機能が製品に組み込まれ、膨大なデータを活用することで新たなサービスが生み出されている。 そうした状況で世界中の企業で導入されているのが、本コンテ...(2017/6/26 提供:PTC ジャパン株式会社)

レポート
導入意欲が高いクラウドバックアップサービス、その理由と懸念とは
TechTargetジャパンが2017年3月14日から3月31日にかけてTechTargetジャパン会員を対象に実施した「企業のバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」では、導入を検討する製品・サービスでクラウドストレージ/バックアップサービスを挙げる回答が多かった。その理由と...(2017/6/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
「SEMICON Japan 2016」展示会レポート
半導体製造の全行程を網羅した総合展示会と、システム、アプリケーションからソリューションまで、IoTの世界全体を俯瞰できる総合イベント。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として...(2017/5/23 提供:株式会社アペルザ)

比較資料
比較で検証、ディープラーニング専用機の処理能力と電力効率の可能性
 画像認識や音声認識に活用される「ディープラーニング」技術。ここ数年で実用化が急速に進んだ結果、写真の自動分類サービスや商品のレコメンドシステムなど、身近な事例も増えてきた。業界を問わず多くの企業が、この技術を新しい価値の創出に応用しようと研究を重ね始...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

事例
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
 エンタテインメントコンテンツを展開するセガグループの業務管理を行っているセガホールディングスでは、グループ全体のインフラ統合で管理対象機器が増大した。迅速な監視登録を目指して新しい性能監視ツールを導入したところ、社内オペレーションの最適化も図れた。 ...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

製品資料
IoT化に対応する「次世代産業用コントローラ」がスマート工場の「足回り」に
  IoTやインダストリー4.0の推進により、全世界的にスマートファクトリー化の動きが加速している。しかし、多くの工場や生産設備では、そもそもネットワーク接続されていないケースも多く、情報システムへの接続までに 複数段の階層があり、データ連携が複雑な状況も生...(2016/12/14 提供:株式会社 日立産業制御ソリューションズ)

製品資料
普段使わないから選択に困る「データ保護製品」を選ぶための5つの理由
 万が一に備えてデータ保護の用意は欠かせない。だが平常時には出番のない備えだからこそ、いざ障害が起きてしまってから「リストアに想定外の時間がかかる」などの問題が明らかになるケースも多い。 そうならないための「データ保護ソリューションを選ぶ5つの理由」を...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
日立グループ約30万人のグローバル人事管理を劇的に変えたBIツール活用術
 総合電機メーカーの日立製作所は、国内外のグループ会社約900社の30万人にも上る社員の人事情報をグローバルで共有している。その基礎となる人財データベースはIT部門がスクラッチ開発したものだが、その分析機能に大きな課題を抱えていた。 分析をするためには「グロ...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

製品資料
誰でも使いこなせるBIツールの選び方――人事・経営分析の最短コースは?
 人事データ分析や経営分析などの分析業務には欠かせないBIツール。誰でも使えるセルフサービスBIを目指して導入したものの、帳票や経営資料の作成担当者が使いこなせなかったというケースは少なくない。 そこで注目されるのが豊富なテンプレートと手厚いサポートを備え...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

製品資料
分離ネットワークと次世代ファイアウォールを活用した高品質データ転送とは?
 情報漏えいした場合に多大な損害が発生する重要データを大量に扱う企業にとって、データ転送の使いやすさと安全性を同時に確保することは重要な課題だ。 このような企業向けに開発されたのが、分離ネットワークと次世代ファイアウォールを活用した高品質データ転送の手...(2016/9/13 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
ネットワーク仮想化の導入準備から運用まで、メリットを最大化するポイントは?
 ネットワーク仮想化には、まず自社のネットワークアーキテクチャをあらためて把握することが欠かせない。スイッチ管理の省力化、人的資産の有効活用などへの期待から、すぐに導入検討へ入るケースも目立つが、事前準備として、何度も試験的な運用を行い、メリット最大化...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
多層防御の実効性を高める、総合セキュリティ対策の“3つのポイント”
 マルウェアの侵入防止に力点を置く、エンドポイントのウイルス対策では現実の標的型攻撃には対抗し切れないことから、近年では侵入された場合の対策も加味した「多層防御」の考え方が浸透してきた。しかし重要情報の詐取は、内部犯行の場合もあれば、廃棄したIT資産が原...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
少ない設備投資で標的型攻撃を元から断つ、セキュアブラウザでネットワーク分離
 標的型攻撃は高度化を続け、マルウェアの侵入を防ぐことはますます難しくなっている。主要な対策であるシンクライアント方式、マルウェア検疫方式、添付ファイル削除方式にも既に弱点が指摘され始めているが、それ以上の対策となると高すぎる設備投資コストがネックにな...(2016/9/26 提供:株式会社コネクトワン)

技術文書
スマホで社内Webに接続したい
 今やスマートフォンやタブレット端末を使って社外から社内Webにアクセスする仕組みそのものを構築することは難しくはない。しかし、昨今の情報漏えい事例を参照し、いかなる場合でもセキュリティを確保できる体制を構築することは簡単ではない。しかも企業の情報システ...(2016/9/26 提供:株式会社コネクトワン)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「インターネット分離」で、業務効率とセキュリティを両立する前提条件とは?
 特定組織を狙った標的型攻撃がもたらす被害は情報漏えいだけではなく、社会的信頼の失墜や復旧のための時間/コストの負担など幅広い。大規模組織を中心に、国内でも標的型攻撃の被害が広く報道され続けており、その危険性の認識はあらためて説明するまでもないだろう。(2016/8/10 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
アクセスコントロール製品導入戦略ガイド
 現代のIT環境は従来のユーザーアクセス制御の方法に課題を投げ掛け、先進的なID・アクセス管理(IAM)ツールの普及を加速させている。 本稿ではIAMがビジネスアクセスポリシーの中心に位置付けられる理由や、職場が変わってもITやセキュリティ管理者がコントロールを維...(2016/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
デスクトップ仮想化のメリットを最大化する「6つの選定ポイント」
 企業が成長戦略の一環として、ワークスタイルの多様化を進めるようになり、いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでもアクセスできる業務環境が求められるようになった。この環境を実現する手段として広く利用されているのがデスクトップ仮想化だ。 デスクトップ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号をご紹介。 特集記事では、USB...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年7月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年7月号をご紹介。 特集記事では、「太...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
マイナンバー対策を再点検、安全管理措置の技術的4条件は満たせている?
 マイナンバーを含む特定個人情報を管理する上で、企業は「利用制限」「安全管理措置」「提供制限」の3原則を知っておかなければならない。これらを遵守しなかった場合、その企業は罰則を受ける場合があるからだ。 その中の安全管理措置に関しては、事業者向けのガイド...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

事例
どうする省エネ規制!?中小企業の悩める担当者を救う“武器としてのIT”
 日本政府は2030年時点でCO2などの地球温暖化につながるガスの排出量を、2013年比で26%削減するという目標を掲げている。この高い目標の達成に向け、産業・民生・運輸の各分野で今後さらに省エネ規制の強化が進む見通しだ。最近では従来製造業向けの省エネ規制だった「...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

Loading